コラム
コラム「両親からの資金援助には、贈与税がかかる?」のサムネイル画像

両親からの資金援助には、贈与税がかかる?

掲載日 : 2015年06月04日

人からお金を受け取ると、贈与税がかかる可能性があります。
どういう場合に贈与税がかかるのか、ご存知ですか?
もし、ご両親様から住宅資金援助を受けられるのでしたら、ぜひ知っておきたい情報ですね。

通常、1年間に合計110万円を超えるお金の受け取りがあった場合、申告して贈与税を支払わないといけません。(110万円まで基礎控除となります。)
しかし、マイホームに対する援助金や新築祝い金などであれば、1000万円までの非課税枠が設けられているため、基礎控除と合わせて最大1110万円までが贈与税の非課税となります。

さらに、①耐震・②省エネ・③バリアフリーのいずれかを満たす質の高い住宅では、平成27年度では、2500万円(最大3000万円)まで枠を広げることができます。(参照:国土交通省『住宅取得等資金に係る贈与税の非課税措置等の延長・拡充(贈与税)』

マイホームを計画する上で税制の知識も非常に重要になってきます。
贈与税だけでなく、マイホーム計画を進めるにあたり、どうしてもかかってきてしまう税金もあります。節税できるところはなるべく抑えていきたいですね。

マイホーム計画の大きな方向性を見出す一歩として、税金のご相談も承ります。
不安な部分や疑問点を一つずつ解決していきながら、進めていきたいものです。
詳しくは、お近くのグローバルタウンまでお問い合わせ下さい。

最新のコラム

住まいと暮らしの全てを集めた新しいスタイルの住宅総合展示場 展示場のご案内
tel.0120-541-008 営業時間  10:00〜19:00 定休日:火曜日 お問い合わせはこちら
家づくりに関するあれこれにお答えします! よくある質問集
建売・分譲地
モデルハウス見学/注文住宅のご相談