【四日市】 Tel.0120-541-008
【桑名】 Tel.0120-932-144
【鈴鹿】 Tel.0120-002-047
【津】 Tel.0120-080-311
【一宮】 Tel.0120-597-011
【尾張旭】 Tel.0120-02-8670
【春日井】 Tel.0120-96-9466
【岐阜】 Tel.0120-920-769

営業時間 10:00〜18:00  定休日 火曜日

施工事例

子どもが巣立った後、夫婦が快適に過ごせる家

 

お客様の声

営業さんの笑顔が良かった。「お父さん、お母さんって言ってくれるんです(笑)。」3番目の息子のように可愛がってもらえて、営業にとってとても嬉しい事でした。

 

Q.家を建てようと思ったキッカケは何ですか?

 

「両親が亡くなり、僕は長男だったので、こちらに戻って来る事になったんです。母屋を解体して建てると時間も費用もかかるので、隣に土地があったのでこちらに家を建てようと思ったんです。」

 

Q.当社を選んだ決め手は何ですか?

 

「親戚がアサヒグローバルで建てたのがきっかけです。メンテナンス対応もいいよ、と言っていたので、夫婦でモデルを見に行きました。住宅会社をたくさん見てしまうと、迷いがでるじゃないですか。地元密着だし、いいなと思いました。対応してくれた営業さんは笑顔が良くて、こちらが質問する事も普通なら「後日お答えします」など言われると思いますが、すぐ調べて答えてくれました。とても感じが良く、ここで建てようと決めました。」

 

Q.家づくりでこだわったことは何ですか?

 

「隣が母屋ですが、こちらに仏間を置きたかったので、押入れではなく最初から仏間を設計してもらいました。あと、家具屋さんが2階にベッドを運ぶ時に「階段の天井が高いから運びやすくてとてもいいですね(笑)」と言ってくれました。階段の手摺には小さな窓もつけたので殺風景にならず良いですよ。」

 

Q.家づくりで一番重要視されたのはどこでしょうか?

 

「今息子二人の部屋は、引戸で区切られています。もう大人なので、将来二人が巣立って、夫婦だけになった時、開け放して広く使おうと考えました。小さい子どもが成長していく間取りを考えるのではなく、うちは逆に子どもが出た後どう快適に過ごせるかと考えました。」

 

Q.家づくりで一番困ったことは何ですか?

 

「結構土地があるから大きな家が建てられるかと思ったら、ここは昔ながらの土地で、境界など色々調べ直したら、認可がないので使えない土地などあったんです。もう少しあっちまで広げれらたら…と思ったら、この境域は番地が違うので出来ないという事があったんです。残念でした。」

 

Q.家づくり中のエピソードは何ですか?

 

「私たちは、教えてもらった事や提案してもらった事を素直に受け止めて実行していました。アサヒさんでは朝礼があるんですよね?そこで営業さんが「普通なら、こちらが伝えても中々実行してもらえないけど、萩野様はすぐ実行してくれて本当に嬉しい」と発表していましたよ、って設計さんから聞きました(笑)。あとはカーテンが引き渡し日の二日前までついていなくて大丈夫かな?って、でもちゃんと間に合いました。」

 

Q.入居後の感想をお聞かせ下さい。

 

「図面を見たとき、リビングの部分に『16.5帖』と書いてあったので、私たち夫婦は、リビングだけの帖数だと思っていたんです。キッチンや奥も全部含めた帖数だったんですね。すっかり16.5帖のリビングだと思って、家が建つ前に家具を買い揃えていて、置いてみるとテーブルなど大きかったんです(笑)。こちらの早合点でしたが、やっぱり張り合いが無かったですね。」

 

Q.これから家を建てる方にアドバイスをお願いします。

 

「確認が大事です。僕達は思い込みで家具を先に買って後から「あれ?ちょっと狭くないかな」と気付いたので。住めば何とかですけどね(笑)。でも確認は大事だと思いますよ。」

 

 

< 前の物件へ 次の物件へ >

3,000円分アマゾンギフト券プレゼント!

※初めてご来店の方に限ります。 ※他特典との重複利用は出来ません。 ※既に建築済みの方はご遠慮ください。