【四日市】 Tel.0120-541-008
【桑名】 Tel.0120-932-144
【鈴鹿】 Tel.0120-002-047
【津】 Tel.0120-080-311
【一宮】 Tel.0120-597-011
【尾張旭】 Tel.0120-02-8670
【春日井】 Tel.0120-96-9466
【岐阜】 Tel.0120-920-769

営業時間 10:00〜18:00  定休日 火曜日

ブログ

2021年10月7日

開放感も暖かさも、家事ラクも。予算内で夢が叶えられました 三重県津市S様

マイホームでの新しい生活が始まって、もうすぐ2年となるS様一家。

20代でマイホームを完成されたS様が、予算内で夢やこだわりを反映させた家づくりを成功させたポイント、それは土地からトータルで家づくりを考えたことでした。

「どんな家にしたいか、自分たちのイメージを膨らませるためにも、色んな家を見た方がいいと思います。」と教えてくださったS様。夢を詰め込んだ家づくりの思い出や、住み心地について伺いました。

 

Q.マイホームを建てようと思ったきっかけは?

子どもが幼稚園に入園するタイミングに合わせて、マイホームを建てたいなと思ったのがきっかけです。土地もまだ決まっていない段階だったので、土地探しから我が家のマイホーム計画はスタートすることになりました。

Q.アサヒグローバルホームで建てようと決めた理由は?

大手ハウスメーカーからローコスト住宅メーカーまで色々な会社を見た結果、予算内で叶えたいプランを諦めることなく実現できそうかな、と思えたのが決め手です。標準仕様のプランを見ても、最初から色々な設備がついていたのと、断熱などの性能面でも安心できたところも、背中を押された大きな理由だったかな。
土地探しもアサヒグローバルホームに相談させてもらいました!

Q.土地探しからの家づくり、土地にもこだわりがありましたか?

エリアにはこだわりがありました。実家からも近くて、できれば海から離れたところ。治安がいいところ……など色々と要望を伝えました。
見つけてもらった土地は北面道路の土地だったのですが、これが結果的にすごくよくて。
南側に庭やサンルームを作っても、道路からの目線を気にせず過ごせる。土地探しや土地に合わせた設計をしてもらえたからこそ、今の住みやすさにつながっているなと感じています。

Q.家づくりをする上で、どんな間取りやプランを希望されたのですか?

間取りに関しては、家事をいかに楽にできるかどうかを徹底的に考えて、色々要望を伝えました。例えば、子どもたちの遊ぶスペースとリビングのくつろぎスペースを分けるために、リビング横に洋室を作ってもらったのもその一つ。
今は子どもたちの遊びコーナーですが、将来は私たちの老後の寝室としても使えるかなと。

あ、あとは帰宅動線にもこだわりました。以前住んでいた家では、玄関からキッチンがある部屋までが遠く、買い物帰りに荷物を運ぶのもひと仕事でした。
これを何とかしたいと思い、お願いしたのが玄関〜ファミリークローゼット〜パントリー〜キッチンへとつながる間取りです。
家に帰って、キッチンに行くまでの間に片付けが完了するのは本当に楽ちんです。

Q.キッチンといえば、木目天井とマットなグレーのキッチンが本当に素敵です!

キッチンもかなりこだわったところの一つです。我が家のキッチンは、グラフテクトのキッチン。ずっとインスタグラムで国内だけでなく海外のアカウントなどから好きなテイストを探していて。ブラックのワークトップに憧れていたんです。

アサヒグローバルホームの標準仕様のものではないのですが、木目天井などキッチンの雰囲気に合わせたインテリアコーディネートを提案してもらえたのも、おしゃれに仕上がった秘訣でしょうか。

リビングからも見えるものなので、生活感をなるべく出したくないということで、冷蔵庫はパントリーの中に入れてもらいました。

Q.使いやすさはいかがですか?

住みはじめて、実際に使い始めてみると「なるほど!」と感じるポイントがたくさんあります。例えば、キッチンの通路幅を通常よりも少し広くしてもらったので、家族がお皿を洗ったり片付けたりしている横で、料理するのもスムーズ。
キッチンの使い勝手がいいだけで、こんなに毎日ご機嫌で暮らせるとは思いませんでした(笑)
自然と「掃除をしよう!」というやる気も出るんですよ。

Q.リビングは当初吹き抜けリビングを希望していたと伺いました。

最初は吹き抜けリビングにして開放感あるLDKにと考えていました。
ただ、予算と空調の効きやすさという点から「勾配天井でもいいのでは?」と設計の方から提案がありました。
最終的には、提案してもらった勾配天井にして正解。想像以上に開放感があり、吹き抜けにしなくてよかったなと思っているくらいです。

Q.太陽光発電システムも搭載されているのだとか?

災害時のことを考えて、太陽光発電をつけました。蓄電池は、今はまだ高いのでもう少し安くなった頃に入れるかどうか検討しようと思っています。容量はそれほど大きくはないですが、子どもたちの習い事の費用に充てられるくらいは、毎月家計にプラスになっています。
今後は電気自動車に乗り換えることもあるかもしれませんし、つけておいて損はないと思います。

Q.アサヒグローバルホームでの家づくり、感想を一言お願いします!

すごく楽しかったです。アサヒグローバルホームは、予算に限りがあってもできる限り私たちの要望を叶えてくれる自由度の高さと柔軟さがあるなと感じています。サンルームや子供達を遊ばせられる庭などの夢も叶えてもらえて大満足です。

Q.これから家を建てる方にアドバイスをお願いします!

我が家では、マイホームを建てる際に色々なメーカーの展示場や見学会にも足を運びました。
建てる会社を決めていたとしても「キッチンの照明はこんなものがいいな」「クロスの色、これも結構いいかも」など実際の家を見るとインテリアや家づくりのヒントがたくさんあって。自分たちの好きなポイントを見つけてみて欲しいなと思います。
アサヒグローバルホームは、「こんな家を建てたい」という要望に丁寧に答えてくれる会社ですから、希望は伝えるだけ伝えるのが一番。予算や設計上できるかどうか、プロとして丁寧に考えてくれると思います。

S様邸の施工事例はこちら
https://asahigloval.co.jp/case/1919-3/

アサヒグローバルホームの公式Instagramはこちら
https://www.instagram.com/asahigloval/

 

# くらしのお役立ち情報