【四日市】 Tel.0120-541-008
【桑名】 Tel.0120-932-144
【鈴鹿】 Tel.0120-002-047
【津】 Tel.0120-080-311
【一宮】 Tel.0120-597-011
【尾張旭】 Tel.0120-02-8670
【春日井】 Tel.0120-96-9466
【岐阜】 Tel.0120-920-769

営業時間 10:00〜18:00  定休日 火曜日

ブログ

2021年10月12日

住宅ローンの負担が少ないのに暮らしの質は段違い!家を建てて正解でした 三重県四日市市 N様

N様のマイホームでの暮らしが始まったのは、コロナ禍で私たちの生活がガラリと変わる少し前。2人目のお子様の誕生がわかり「それならマイホームを」と思い立ったのがN様の家づくりのきっかけでした。

「新しい家になり、冬の過ごしやすさは段違い。それなのに、住宅ローンや月々の光熱費が負担だと感じることもない家計が楽な住まいです。家を建てて本当に良かったです」と話してくださったN様に、仲良し家族4人が暮らすマイホームライフや、家づくりの思い出を伺いました。

Q.マイホームを建てようと思ったきっかけは?

もともとアパート暮らしをしていたのですが、夫婦2人なら良かったものの、やっぱり子どもが産まれてからは手狭になってきて。下の子の妊娠が分かったタイミングで「家を建てよう」と決断しました。
下の子が生まれる前に引っ越したいという気持ちもありましたね。いずれマイホームを建てるのであれば、当時住んでいたアパートから違う賃貸住宅に引っ越すのも手間だし、敷金や礼金ももったいない。決めるなら今だ!と土地も決めて家づくりをスタートしました。

Q.アサヒグローバルホームで建てようと決めた理由は?

いろんな会社を見ましたが、アサヒグローバルホームは他の会社と比べて金額が安い。加えて自由度が高いので、デザインや設計などで「ああしたい、こうしたい」という要望を聞いてくれるのが決め手でした。
ローコスト住宅だと、金額は安くてもプランに制約があったり、デザインでなかなか要望を聞いてもらえなかったりするところもある。その点、アサヒグローバルホームはデザインと価格のバランスが良かったですね。

Q.インテリアや家事ラク間取りもいろいろ検討されていたと伺っています。具体的には、どんなところにこだわりましたか?

妻が北欧風の雑貨やファブリックが好きだったので、インテリアはそれに合わせて考えていきました。外観に関しては、土地に合わせて考えていきました。我が家が建っている土地は、不動産屋さんから「将来ここを分譲地にするよ」と紹介してもらって決めました。いろいろ土地は見たのですが、なかなか決められず。最終的には「下の子が生まれる前に家を完成させたいから、もうここで!」と決めたくらいです。

間取りに関しては、妻から「1階にファミリークローゼットや洗濯スペース、キッチンなどの水回りを集中させたい」という希望がありました。あ、あとダイニングとキッチンは横並びスタイルにしたいともお伝えしました。

Q.たしかに、横並びのキッチンダイニングは配膳もしやすそうですね!

そうなんです。家族4人で食事をする際も、ダイニングとキッチンが横並びになっているので、片付けもしやすいですよ。
キッチンに関しては、他にもいろいろこだわりまして。アサヒグローバルホームの標準仕様のキッチンではなく、TOTOのザ・クラッソにしてもらいました。できるだけシンプルに白いキッチンにしたくて、水栓も「シンプルかどうか」を基準に考えたくらいです。リビング側にも収納があるタイプなので、リビング収納としても一役買ってくれています。

家事ラクという点では、1階にファミリークローゼットを設けたのも大正解。我が家は基本外干し、たくさん洗濯物がある日はガス衣類乾燥機(乾太くん)を使っています。外干しした洗濯物を片付ける際も、ファミリークローゼットが1階にあるとすぐにしまえて便利です。

Q.玄関の吹き抜け空間も印象的ですが、このアイデアはどこから?

アイアン手すりの吹き抜け空間をどこかに作りたくて。リビングを吹き抜けにして、というプランも検討しましたが暖房の効きが悪くなることと、アイアン手すりの造作が大きくなるためコスト的に厳しいなと(笑)
予算内で希望を叶えるのであれば、玄関ならできそうということで今のかたちに落ち着きました。
玄関が東面のため、朝日がたっぷり届いて明るい。1日の始まりに明るい玄関から出かけると「よし、今日も頑張ろう」という気持ちになれます。

Q.リビングは床暖房、羨ましいです。住み心地はいかがですか?

正直なところ、床暖房は半信半疑だったんです。知り合いに「入れた方がいいよ」と言われたものの、ガス代も高いのではないかと心配もあって。
でも、実際に暮らしてみると暖かさはアパートと段違い。ガス代も、床暖房をつけたプランが割安プランだったため、アパート時代と比べて安くなったくらいです。
……といいつつも、実は床暖房が活躍するのは冬の本当に寒い時期。断熱性能が高いので、暖房を使わなくても快適に過ごせる日も多いんです。家の性能の大切さを痛感しています。

光熱費という点では、我が家は太陽光発電も載せているため電気代も気にせず暮らせています。日中発電して使わない電気は売電に回しているため、季節によっては買った電気と売った電気で収支がプラスになることも。ちょっとしたお小遣いが入ってくるのは想定外の収穫でした。

Q.土地に合わせた設計・プランニングだったのも良かったと感じているとか?

我が家の家づくりが成功した!と思えたのも、土地に合わせて設計してもらえたからだと思っています。最初から間取りの要望やこだわりを決めてから土地探しをするとなかなかピッタリの土地は見つからないし、コストも予算内に収めようとすると妥協することも増えてしまうと思います。

土地の日当たり条件や、周りの住宅がどう建っているかなどを見てもらった上で、譲れない条件だけを伝えてプランを描いてもらった方が、結果的にいい家になると感じています。
例えば我が家の場合。建てる前は「玄関は南に!」と思っていましたが、東面と北面が道路という土地に合わせて、玄関は北東に配置することに。結果的に、玄関に朝日が入り、気持ちのいい家になりました。

Q.これから家を建てる方にアドバイスをお願いします!

さっきの土地の話の続きになってしまいますが、土地に合わせてプランを描いてもらうのが家づくりの成功の秘訣だとすれば……。土地探しもプランニングも、信頼して相談できる担当がいる会社を選ぶことも大切だと思います。
我が家も、共働きで子どもが2人という我が家のライフスタイルや家族構成も踏まえて考えてもらえる担当者との出会いで、満足できる家になったと感じています。

N様邸の施工事例はこちら
https://asahigloval.co.jp/case/1404-2/

アサヒグローバルホームの公式Instagramはこちら
https://www.instagram.com/asahigloval/

 

# くらしのお役立ち情報