【四日市】 Tel.0120-541-008
【桑名】 Tel.0120-932-144
【鈴鹿】 Tel.0120-002-047
【津】 Tel.0120-080-311
【一宮】 Tel.0120-597-011
【尾張旭】 Tel.0120-02-8670
【春日井】 Tel.0120-96-9466
【岐阜】 Tel.0120-920-769

営業時間 10:00〜18:00  定休日 火曜日

ブログ

2021年12月21日

家は誰と建てるかが本当に大切だと実感! 理想の間取りになりました 西春日井郡 S様

昨年の夏にマイホームを完成したS様。マイホームを検討し始めた当初は、注文住宅での家づくりではなく「建売分譲の方がラクでいいかな」と思っていたそうです。そんなS様が注文住宅での家づくりを始めた理由とは? マイホーム作りの思い出やこだわりも伺いながら、気になるそのワケに迫ってみました。
注文住宅か、建売かで迷っている方にも参考になりそうなS様の家づくり体験記。早速話を聞いてみましょう!

Q.マイホームを建てようと思ったきっかけは?

結婚しようと思ったとき。僕は1人暮らし、妻は実家暮らしだったため、賃貸住宅を探して住むのは、お金がもったいない。どうせ将来マイホームを買うなら、今買ってしまったほうがいいと思ったのがきっかけです。
そんな理由だったので、注文住宅で家をじっくり作ると言うよりも、建売分譲住宅の中から気に入ったものを選んで買うイメージで、マイホーム計画が始まりました。

Q.なぜ、アサヒグローバルホームで家づくりをしようと思ったのですか?

間取りに関してそれほど理想はなかったのですが、いざ建売分譲住宅を探し始めると、理想の間取りがなかなかなくて。金額も、よくよく計算してみるとアサヒグローバルホームで注文住宅を建てる場合と、それほど差がなかった。それなら、敢えて建売分譲に固執することもないかなと思えたんです。

もちろん、アサヒグローバルホーム以外にも3社ほど相談に行きました。
今だから言えますが、アサヒグローバルホームで話を聞いてくれた担当営業の方。最初は全然「家を建てましょう!」という圧がなくて……。「お二人が家を建てるなら、こういう方法がありますね。どうするかは考えてくださいね」というスタンス。正直やる気がないのかな?なんて思ってしまったくらいです(笑)

でも、実際にほかの会社にも相談に行くと、予算を伝えると鼻で笑われてしまったり、他社のダメなところばかりを言われたり。なんだか嫌だな、と思うことばかりで。
私たちが知りたいこと、気になっていることを相談すると、それに対して真摯に答えてくれたアサヒグローバルホームの良さを痛感しました。

Q.それほど家にはこだわりがなかったとおっしゃっていましたが、打ち合わせではどんな希望を伝えましたか?

キッチンから料理をしている時にリビングが見渡せること。階段はリビング階段というのが絶対条件でした。
担当の橋本さんが、その条件をもとに参考のプランをいくつか見せてくれて。そこから希望を整理していったかたちです。例えば、見せてもらったプランの大枠はそのままに、和室はなくしてリビングを広く。洗面は脱衣室と分けて、というふうに伝えていきました。

予算に関しては、フルローンで組んだときに、月々の支払いが10万円内に収まる予算にしてほしいと伝えました。これを受けて提示してもらったのが、土地と家込みで3,500万円くらい。ああ、これならいけるなと思ったのを覚えています。

Q. 実際に出てきたプランはいかがでしたか?

これがほぼ理想通りで。最初に提案してもらった間取りと今の家、ほぼ変更はありません。もちろん壁のクロスや素材などは変えていきましたが、プラン段階でそれほど苦労したことはなかったですね。

洗濯物を干す場所が欲しいと伝えたら、2階にインナーバルコニーを、サンルームを1階に作るプランを考えてくれるなど、暮らしやすさもアサヒグローバルホームが細かく提案してくれました。
寝室のウォークインクローゼットは、左右で夫婦の専用スペースを分けるスタイルに。それぞれの服を収納したいスタイルに合わせて、棚の形などを作ってもらえたのも満足しています。

Q.クロス選びもとても素敵です!

クロスは結構直感で選んだのですが、そう言ってもらえて嬉しいです。
夫婦で何種類か候補を決めて、打合せの場に行ったとしても、最終的には前もって考えていたものではなく、当日、直感で「これ」と思ったものにすることがほとんどでした(笑)
担当営業の方も、設計士さんも、現場で工事をするみなさんも、気さくに話せて。相談したいことをあれこれ聞けるので、僕たちも安心して直感に頼ることができました!

Q.完成したマイホーム。住み心地や気に入っているところを教えてください。

住み心地は、一言で言えば、すごく快適です。冬も暖かいですし、広さもちょうどいい。賃貸にしなくて良かった、と思えます。

気に入っているのは、僕は玄関のエコカラット。オプションなので費用はもちろんかかりましたが、広い面積で入れることで高級感が出て。遊びにきた知人や友人からも好評です。
妻のお気に入りはキッチンです。折り下げ天井にすることで、「ここが私の場所」と思えるのだとか。最初は木目天井がかっこいいと思っていたのですが、天井ならクロスで木目調にしてもいいのでは?とアドバイスしてもらい、今のスタイルに。クロスとは思えないほど、本当に木のような見た目なのも気に入っています。

Q.アサヒグローバルホームの家づくり、振り返ってみてどうでしたか?

最初から「これは無理」と決めつけることなく、家づくりを進めてくれるのがとても良かったです。
正直、大きな住宅展示場にあるような大手ハウスメーカーと出来上がる家のクオリティはそれほど変わらないと思います。制振装置など性能面でも、標準仕様のレベルが高い。それなのに、ローコストで設計も自由度がある。これから注文住宅で建てるなら、アサヒグローバルホームはぜひ選択肢に入れてみて欲しいです。

Q.最後に、これから家を建てる方にアドバイスをお願いします!

家づくりをしてみてつくづく感じているのは、担当営業がどんな人かが大切ということ。私たちは、同年代で話しやすく、無理に営業するようなことが一切ない人と出会えてラッキーでした。
アサヒグローバルホームは、みんなこんな雰囲気の人ばかりなんじゃないかな。信頼できる人と家づくりができれば、こだわりたいところだけはしっかりと伝えて「あとはお任せ」もできます。担当の人に対して「?」な部分があるまま、会社の名前だけで施工会社を決めるより、結果的に家づくりがスムーズになると思うんです。

アサヒグローバルホームの公式Instagramはこちら
https://www.instagram.com/asahigloval/

 

# オーナーズボイス