【四日市】 Tel.0120-541-008
【桑名】 Tel.0120-932-144
【鈴鹿】 Tel.0120-002-047
【津】 Tel.0120-080-311
【一宮】 Tel.0120-597-011
【尾張旭】 Tel.0120-02-8670
【春日井】 Tel.0120-96-9466
【岐阜】 Tel.0120-920-769

営業時間 10:00〜18:00  定休日 火曜日

ブログ

2015年1月14日

年収300万円で住宅ローンを賢く使う

土地付き住宅を住宅ローンを組んで購入された方の約5人に1人が世帯年収300万円台という統計が出ております。どの銀行で住宅ローンを組むかにもよりますが、年収300万円ですと、最大2,600万円程度を住宅ローンで借りる事が出来ます。そのため、新築住宅を建てるための工面をどのようにするかによって理想の住宅を手に入れる事が出来るでしょう。

たとえば、年収300万円でコツコツ自己資金を貯めて、さらに住宅ローン減税等の控除を利用するというのが一つです。住宅ローン減税とは、借り入れした住宅ローンの年末時点の残高の1%分を上限に、その年に払った所得税の還付を受けられ来年支払う住民税が減る制度です。控除を受けられる期間は、現在10年間が最長です。なので、わかりやすく言うと住宅ローンを払い始めてから10年間は所得税や住民税が安くなる制度です。年収300万円だからと言って夢のマイホームを手に入れる事を諦めるのは、まだ早いかもしれません。

ただ、マイホームを購入するため金融機関から住宅ローンを借りれば問題なく住宅ローン減税の対象になりますが、必ずしも対象になるとは限りません。確認が必要です。住宅ローン減税を受けるためには条件があります。6つの条件を満たすことで、住宅ローン減税を受けることが出来ます。

住宅ローン減税を受けるための条件】
①合計所得金額3,000万円以下
②住宅ローンを10年以上借りること
③新築する、購入する床面積が50㎡以上
④住宅ローンの借り主が自分で住むこと
⑤中古住宅の場合は耐震性能を有していること
⑥リフォームの場合、増改築費用が100万円以上であること

年収300万円で住宅ローン減税等を活用し、新築住宅を賢く手に入れてみてはいかがでしょうか?詳しくはお問い合わせください。

# 住宅ローン