【四日市】 Tel.0120-541-008
【桑名】 Tel.0120-932-144
【鈴鹿】 Tel.0120-002-047
【津】 Tel.0120-080-311
【一宮】 Tel.0120-597-011
【尾張旭】 Tel.0120-02-8670
【春日井】 Tel.0120-96-9466
【岐阜】 Tel.0120-920-769

営業時間 10:00〜18:00  定休日 火曜日

ブログ

2014年11月17日

50坪のマイホームとは

「50坪のマイホームといえば、どのようなものですか?」

お客様に漠然とした質問をいたしますと、どのようなお答えをされるでしょうか。50坪という面積だけを捉えて「広い」あるいは「狭い」とイメージされる方や、今までに50坪の家を見たことのある方であれば、LDKが20帖で解放感のある家や、ご両親と同居の二世帯住宅など、より具体的なお答えがいただけるかもしれませんね。やはりそこは十人十色。それぞれお考え方やマイホームのイメージが違います。

ちなみに、総務省統計局の平成25年調査データでは、三重県内の一戸建て住宅の延床面積の平均は40.69坪(134.50㎡)、愛知県では41.15坪(136.03㎡)、岐阜県では44.46坪(146.96㎡)となっていますので、50坪のマイホームということなら、統計的には平均的な坪数の家より大きいといえます。間取りや家族構成にもよりますが、平均的な坪数より広い50坪のマイホームなら、「ひとつひとつの部屋が広い」「LDKが広い」「収納量や収納スペースが多い」「ゆとりのある空間がある」「部屋数が多い」住宅が可能です。

ただ、マイホームの建築をご検討される場合、間取りはもちろんのこと、資金的な観点からのプランニングが必要です。ご家族にあった空間提案や各部屋の広さと数、ご希望の設備、ライティングやカーテンなどのインテリアと、駐車スペースやフェンス・玄関アプローチといったエクステリアを含めて、トータル的なご計画を考えた結果、お客様にぴったりのマイホーム(坪数)となることでしょう。

50坪のマイホームはもちろん、お客様にぴったりなマイホーム計画のご相談など、アサヒグローバルにお問合せください。お近くのグローバルタウンでもお待ちしております。

*出典・データ引用:
○総務省統計局 平成25年 住宅・土地統計調査

# マイホームを建てるまで