【四日市】 Tel.0120-541-008
【桑名】 Tel.0120-932-144
【鈴鹿】 Tel.0120-002-047
【津】 Tel.0120-080-311
【一宮】 Tel.0120-597-011
【尾張旭】 Tel.0120-02-8670
【春日井】 Tel.0120-96-9466
【岐阜】 Tel.0120-920-769

営業時間 10:00〜18:00  定休日 火曜日

ブログ

2014年10月10日

風水と家相の違い

一戸建てを考える際に、よく風水や家相の話が出てきますね。マンションや建売住宅ではプランが決まっており、ご自分のこだわりたい風水や家相を反映させることはできません。一戸建ての注文住宅であれば反映させることが可能になります。
アサヒグローバルでも風水や家相を反映させたプラン作りをされる方がいらっしゃいます。ただ、風水や家相を間取りに反映させるか反映させないかはお客様の気持ち次第であって、全く気にしないという方も中にはいます。

ところで、皆さんは風水や家相の意味をどこまでご存知でしょうか?
気にしないというよりも、わからないという方の方が多いのではないでしょうか。
風水と家相は同じように考えられがちですが、実は中身が違います。風水は、方位によって吉凶が決まっていません。住む人の生年月日や、玄関の向き、建物の建った日などの条件から方位盤を作成して吉凶を判断します。

日本の気学や家相では、東、東南、西北を吉方として、北東(表鬼門)と南西(裏鬼門)にあたる場所にトイレや浴槽などの水まわりを配置することを嫌います。
北東はジメジメとしてあまり日の当たらない場所で、冬は特に寒いです。南西は逆に日差しが強く、物を腐らせたり物の色を変色させる場所で、夏は特に暑くなります。どちらも真冬と真夏は良い条件とはいえないところであり、衛生の面から見ても、病気になる恐れを気にしたのです。さらに日本人は、北方位は神聖なものという考えがあったので、トイレなどの不浄物をつくることはタブーとされてきました。

一方、風水学では、建物の構造や向き、地勢も考慮しますが、人の出生年により吉凶を決定します。また、表鬼門や裏鬼門は一概に凶方とはしていません。ただ、玄関の向き、ガスレンジの位置、ベッドの向き、机の向きなど、細かく定義しているのは、風水学の特徴です。

このように風水と家相は内容が違ってきます。
一戸建て住宅を考えるにあたって、この内容を見て少しでも反映させてみようという方は、営業担当に提案して頂ければと思います。アサヒグローバルであれば一戸建て住宅三重県No,1の実績と経験のある営業マンがあなたの希望をかなえる一戸建て住宅を提案させて頂きます。
詳しくはお近くのグローバルタウンまたはアサヒグローバルへお問い合わせください。

# マイホームを建てるまで