【四日市】 Tel.0120-541-008
【桑名】 Tel.0120-932-144
【鈴鹿】 Tel.0120-002-047
【津】 Tel.0120-080-311
【一宮】 Tel.0120-597-011
【尾張旭】 Tel.0120-02-8670
【春日井】 Tel.0120-96-9466
【岐阜】 Tel.0120-920-769

営業時間 10:00〜18:00  定休日 火曜日

ブログ

2015年3月23日

ガスと電気の床暖房

新築住宅で床暖房を入れられる方が増えてきています。
やはり省エネ住宅で気になるのは、冷暖房の効きです。暖房をする際、最初はエアコンで部屋を暖め、空間全体が暖まった後はエアコンを切って床暖房を使う事によって省エネにつながって行きます。ここで、床暖房の電気式・温水式(電気・ガス)の特徴をご紹介いたします。

まず、電気式床暖房には、蓄熱式床暖房で効率的なランニングコストを抑え、24時間快適に暖房を行えるものがあります。電熱線ヒーター式床暖房は、初期費用が安く、施工も簡単です。

温水式床暖房は、床下に敷いた温水パネルにお湯を循環させ、部屋全体を暖めるものです。熱源にはガスと電気の両方があり、エコキュートやエコジョーズといった給湯機器が用いられています。
給湯器自体は電気のエコキュートよりガス給湯器のエコジョーズの方がコンパクト。電気・ガスを使ってお湯を沸かしますので、その都度お湯を沸かすため、湯切れの心配もなく、スピーディーに暖める事が出来ます。

床暖房の電気式は初期費用が安いですが、ランニングコストを見ると温水式(電気・ガス)の方がお得です。広さや使い方によって、どちらが良いかも変わってきますので、十分にメリット・デメリットを理解しましょう。

アサヒグローバルの注文住宅について、詳しくはお問い合わせください。
ただ今、お問い合わせ頂いた方には、カタログなど各種資料をプレゼントしております。

# マイホームを建てるまで