【四日市】 Tel.0120-541-008
【桑名】 Tel.0120-932-144
【鈴鹿】 Tel.0120-002-047
【津】 Tel.0120-080-311
【一宮】 Tel.0120-597-011
【尾張旭】 Tel.0120-02-8670
【春日井】 Tel.0120-96-9466
【岐阜】 Tel.0120-920-769

営業時間 10:00〜18:00  定休日 火曜日

ブログ

2015年4月2日

尺モジュールのメリット

家の間取りを考えた時、2つの基本寸法があります。
メーターモジュールと尺モジュールです。
ピッチ(間柱間隔)はメーターモジュールで100cm、尺モジュールは91cmです。

廊下・階段は尺モジュールよりメーターモジュールの方が9cm大きくなります。
6畳の部屋では、尺モジュール3,640cm×2,730cmに対し、メーターモジュールは4,000cm×3,000cm。メーターモジュールの方が2割程広い部屋となります。将来を見据えた高齢者やバリアフリー対応には、広い廊下・トイレの方が向いています。

次に尺モジュールのメリットを挙げていきましょう。

<尺モジュールのメリット>
① 同じ大きさの家の場合
多くの部屋数が取れる。または、広い収納スペースが取れる。

② 部屋の広さは狭くなるが部屋数が同じ場合
尺モジュールの方が約2割小さく出来る分、建築費が安くなる。

③ 敷地の大きさの制限が有る場合
プラン計画が有利に出来る。

メーターモジュール・尺モジュールそれぞれメリット・デメリットがあります。
予算に余裕があり、土地にも余裕がある場合は、メーターモジュールの方がメリットがありますが、予算・敷地に余裕があるお客様は少ないと思います。

住宅は一生暮らす事になるものですので、遠い将来のことも考えて計画されると良いと思います。ただ、あまり遠い将来の事を考え過ぎて、予算もプランも現在に合わないと問題です。どちらが良いか。お客様それぞれによって違うことでしょう。

詳しくはお問い合わせください。ただ今、お問い合わせ頂いた方には、カタログなど各種資料をプレゼントしております。

# 構造・工法