【四日市】 Tel.0120-541-008
【桑名】 Tel.0120-932-144
【鈴鹿】 Tel.0120-002-047
【津】 Tel.0120-080-311
【一宮】 Tel.0120-597-011
【尾張旭】 Tel.0120-02-8670
【春日井】 Tel.0120-96-9466
【岐阜】 Tel.0120-920-769

営業時間 10:00〜18:00  定休日 火曜日

ブログ

2014年5月15日

# マイホームを建てるまで

固定資産税の減税

一戸建てを購入するときに気になるのが固定資産税です。固定資産税とは固定資産に課税される税金のことです。固定資産とは土地・家屋・償却資産のことです。新築一戸建住宅を購入すると固定資産税を払わないといけません。ただ、新築に関しては減税制度があります。

①敷地が200㎡までの部分に対しては「固定資産税評価額×1/6」
②敷地が200㎡を超える部分に対しては「固定資産税評価額×1/3」です。

要は支払う土地 定資産税が、1/6と1/3になるということです。しかもこの減税は、敷地内に住宅が存在する限り適応されます。さらに、新築一戸建住宅を購入すると、家屋の居住用120㎡までの部分の固定資産税が1/2になる特例もあります。

①居住用部分の床面積が50㎡~280㎡の間である
②総床面積の50%以上が居住用である。

この2つの条件がそろうと3年間固定資産税が1/2になります。また

①耐火構造の建築物、
②準耐火建築物で3階建て以上。の場合は減税の期間が5年になります。新築一戸建住宅を購入する際はこのような減税があることを知識に入れておいてください。固定資産税のことも考慮し夢の一戸建住宅の計画を進めてください。