【四日市】 Tel.0120-541-008
【桑名】 Tel.0120-932-144
【鈴鹿】 Tel.0120-002-047
【津】 Tel.0120-080-311
【一宮】 Tel.0120-597-011
【尾張旭】 Tel.0120-02-8670
【春日井】 Tel.0120-96-9466
【岐阜】 Tel.0120-920-769

営業時間 10:00〜18:00  定休日 火曜日

ブログ

2014年7月24日

三重でバリアフリーの自由設計住宅をつくる

 アサヒグローバルの住宅は自由設計となっており、様々なご要望を実現することができます。近年注目されているのが、バリアフリー住宅です。高齢化が進む日本では、今後避けて通れない課題となっています。

 バリアフリーとは、高齢者や体に障害のある人でも、生き生きと自立して暮らせるように、さまざまな工夫を施した住宅をいいます。床や出入口の段差解消、廊下・出入口幅の確保、手すり設置、浴室などの広さ確保、昇降し易い階段の寸法・形状、将来介護が必要になった場合でも、改造し易い間取りなどの配慮をした住宅です。住宅金融公庫などでもバリアフリー住宅の融資制度があります。

 また、バリアフリーは「行動能力に差があっても同じように生活できるよう、障壁となる要因を取り除くこと」を意味します。住宅は異なった世代が一緒に暮らす場であり、またエイジング(年齢を重ねること)という観点からみても、家庭内事故を未然に防ぐバリアフリーは重要なことです。事故はめったに起らないと過信せずに、あらかじめ場所に応じた工夫を施しましょう。新築の場合はプランの中に盛り込み、将来に備えて考慮することが大切です。その場合は自由設計だと盛り込みやすくなります。

 自由設計での考慮のポイントとしましては、

   ①段差解消やスロープ、
   ②手摺の設置、
   ③廊下・開口部を広く確保する
   ④出入口を広くする
   ⑤片引き戸の採用
   ⑥緩やかな勾配の階段
   ⑦手摺設置の安全な浴室
   ⑧暖房に気を配る
   ⑨滑りにくい素材を選ぶ

等が挙げられます。
 これらは自由設計だからこそ、自分自身に必要なものを取り入れることができます。
 ご家族でしっかりと話し合い、後悔のないバリアフリー住宅を自由設計のアサヒグローバルで一緒につくりましょう。詳しくはお問い合わせください。

# マイホームを建てるまで