【四日市】 Tel.0120-541-008
【桑名】 Tel.0120-932-144
【鈴鹿】 Tel.0120-002-047
【津】 Tel.0120-080-311
【一宮】 Tel.0120-597-011
【尾張旭】 Tel.0120-02-8670
【春日井】 Tel.0120-96-9466
【岐阜】 Tel.0120-920-769

営業時間 10:00〜18:00  定休日 火曜日

ブログ

2014年7月30日

防音性の高い自由設計

 今現在の住宅は昔に比べて、高い断熱性、気密性、防音性を実現することが可能です。自由設計と言葉がありますが、自由設計と聞いてパッと間取りやプランを自由に設計することと頭に浮かんできます。自由設計は間取りやプランだけではなく断熱性・気密性・防音性も自由に選択することができるのです。また、それぞれには等級があります。防音性は遮音性で等級を表されます。

 騒音公害が大きな問題となっている今、騒音から私たちの生活を守る事と家の中の内部騒音をどれだけ遮断できるかということが大切になってきています。住宅内で発生した音は主に床・窓・壁から外へ伝わっていきます。窓・床・壁材を遮音性の高い材料を使用して遮音性を高めることもできますし、間取りを検討していく中でも少しの工夫をして遮音性・防音性を高めることができます。音が気になる部屋の上階にはカーペットを敷くなど少しの工夫で改善されます。

 一般的にフローリングよりもカーペットや畳などの柔らかい素材、クッション材が裏打ちされている仕上げ材を使うほうが遮音性が高くなりますので検討してみていただいても良いかと思います。遮音性や断熱性、気密性など気になる方は一度お近くのアサヒグローバルへ詳しくはお立ち寄りください。

# マイホームを建てるまで