【四日市】 Tel.0120-541-008
【桑名】 Tel.0120-932-144
【鈴鹿】 Tel.0120-002-047
【津】 Tel.0120-080-311
【一宮】 Tel.0120-597-011
【尾張旭】 Tel.0120-02-8670
【春日井】 Tel.0120-96-9466
【岐阜】 Tel.0120-920-769

営業時間 10:00〜18:00  定休日 火曜日

ブログ

2014年7月31日

注文住宅の照明計画

 注文住宅において照明計画は重要です。そして、注文住宅では照明計画は配線工事に入る前までには決定しておく必要があります。照明はただ単に明るさだけを考えて計画すればよいと言うことではありません。生活シーンによってどのような照明にするか計画をたてる必要があります。
 天井に直付けする全般拡散照明のシーリングライト、ダウンライトのような光源から直接物に光が当たる直接照明、そして光源から出た光を天井や壁などに反射させて光を柔らかく演出する間接照明と言った照明方法があります。

 間接照明で室内を演出しておしゃれなリビングにしたいと思ったならば、例えばオレンジ色の光を効果的に使って陰影を出すなどするのもよいでしょう。しかしテレビをみるくらいならば少々暗くてもおいですが、読書したり書類を書くといったことがしたいならば間接照明では不具合があります。生活シーンと演出シーンの照明を両方考えておく必要があります。

 明るさの基準で言えば高齢者の場合は20才の若者の約2倍の明るさを必要とします。各部屋の採光や用途によってどれくらいの明るさが必要か考えて計画したいですね。特に日本人は欧米人に比べて明るいのを好む傾向があります。注文住宅だからこそ自由に照明計画をたてられますがライフスタイルに合わせた快適で雰囲気のある照明を家具とも合わせて選択したいですね。

 詳しくはお問い合わせください。

# マイホームを建てるまで