【四日市】 Tel.0120-541-008
【桑名】 Tel.0120-932-144
【鈴鹿】 Tel.0120-002-047
【津】 Tel.0120-080-311
【一宮】 Tel.0120-597-011
【尾張旭】 Tel.0120-02-8670
【春日井】 Tel.0120-96-9466
【岐阜】 Tel.0120-920-769

営業時間 10:00〜18:00  定休日 火曜日

ブログ

2014年8月27日

マイホームは間取りで大きく生活が変わります…

マイホームは間取りの構成で生活の仕方が変わります。マイホームづくりの中で、まず家事動線をまとめることは家事の効率がよくなります。キッチン、パントリー、ランドリースペース、浴室等それぞれの移動距離を短くして、毎日の家事が楽になり効率のよい生活ができます。

マイホームの中で重視すべきキッチンに関しても、家族団らんのスペースとなり、親と子供のふれあいの場でもあるので、対面キッチンにし、キッチンカウンターを設置することで、子どもが食事の支度をするママとおしゃべりすることができます。宿題を広げることもでき、ママもお手伝いを頼みやすい空間をつくることができます。
その他にもキッチンの近くにスタディーカウンターを設置することで、親がそばにいるダイニング付近のカウンターで、子どもたちは宿題や読書ができます。

ランドリースペース部分から直接物干しできるよう間取りはいかがでしょうか。洗濯機のすぐ上にランドリーパイプを設置することで、サッと洗濯物が干せて便利です。天気が心配な日のお出かけも安心です。洗濯物を干す為の動線を短くすることで、毎日の家事が楽になります。
また、梅雨や天候が悪いときにインナーバルコニーがあると重宝します。屋根付なので、多少の雨なら外干し可能です。

マイホームに土間収納やシューズクロークを設置する事により、家族の靴やコート、ベビーカーや外遊び用おもちゃ、レジャー用品など、いろいろなものを玄関横にスッキリ収納でき、帰宅後にはサッとコートや荷物をしまう事が出来とても便利です。
生活の中で間取りと共に重要となる収納。各居室に収納を設け和室を床上げし、畳の間とリビングの段差を利用して引出収納を設置すると、収納量は上がります。

子ども部屋の間取りの幼少期は広いワンルームを兄弟で共有し、お友だちとも、のびのび遊べます。成長したら、間仕切りを設けてそれぞれの個室に変更可能です。

マイホームの間取りに関してはアサヒグローバルまでのお問い合わせください。

# マイホームを建てるまで