【四日市】 Tel.0120-541-008
【桑名】 Tel.0120-932-144
【鈴鹿】 Tel.0120-002-047
【津】 Tel.0120-080-311
【一宮】 Tel.0120-597-011
【尾張旭】 Tel.0120-02-8670
【春日井】 Tel.0120-96-9466
【岐阜】 Tel.0120-920-769

営業時間 10:00〜18:00  定休日 火曜日

ブログ

2014年9月2日

ローコスト住宅の耐震性能

一般的にいわれているローコスト住宅は、広さが35坪程度で1000万円台。坪単価でいうと20万円台~40万円台前半くらいだそうですね。各社が提案する規格型の住まいで十分納得のできるプランやデザイン、性能等があれば、こうした家を選ぶのも賢い選択だと我々は思っております。住宅にかかる費用を抑えることで、そのぶんを趣味や子育てなど、「暮らしをより楽しむ」「将来に備える」などにお金を活用する、という考え方もあります。

ただのローコスト住宅では皆様が満足頂けない世代になってきたと実感しつつある今日この頃。私たちはさらなる高みを求めています。
注目したのは、耐震性能です。安いから不安だという声がやはり上がってきていますね。そこを私たちは追及致します。

大手プレカットメーカー様から依頼をし、耐震性能を追求、構造計算を精密に行い、耐震等級3相当の建物を提供しております。耐震等級とは、「建築基準法ギリギリの建物の場合は震度6~7程度の地震に対して倒壊や崩壊はしないが、損傷をうける可能性はある」と読み替えた方が良いかも知れませんね。等級2や等級3を目指す建物を計画することが耐震性を高める目安になります。

ローコスト住宅だから、柱が少ないんじゃないか?ローコスト住宅だから、耐震性が劣っているのではないのか?と言った声をお聞きし、我々アサヒグローバルは、耐震性能の優れた、ローコスト住宅を提供致します。詳しくはお問い合わせ下さい。

# マイホームを建てるまで