【四日市】 Tel.0120-541-008
【桑名】 Tel.0120-932-144
【鈴鹿】 Tel.0120-002-047
【津】 Tel.0120-080-311
【一宮】 Tel.0120-597-011
【尾張旭】 Tel.0120-02-8670
【春日井】 Tel.0120-96-9466
【岐阜】 Tel.0120-920-769

営業時間 10:00〜18:00  定休日 火曜日

ブログ

2014年9月2日

ローコスト住宅の防音性能

一般的にいわれているローコスト住宅は、広さが35坪程度で1000万円台。坪単価でいうと20万円台~40万円台前半くらいだそうですね。各社が提案する規格型の住まいで十分納得のできるプランやデザイン、性能等があれば、こうした家を選ぶのも賢い選択だと我々は思っております。住宅にかかる費用を抑えることで、そのぶんを趣味や子育てなど、「暮らしをより楽しむ」「将来に備える」などにお金を活用する、という考え方もあります。

さらに、騒音公害が大きな問題となっている今、騒音から私たちの生活を守る事と家の中の内部騒音をどれだけ遮断できるかということが大切になってきています。
住宅内で発生した音は主に床・窓・壁から外へ伝わっていきます。窓・床・壁材を遮音性の高い材料を使用して遮音性を高めることもできますし、間取りを検討していく中でも少しの工夫をすることで遮音性・防音性を高めることができます。

現在の住宅は昔に比べて、高い断熱性、気密性、防音性を実現することが可能です。かつローコスト住宅でもあり、いろんな幅が広がりますね。自由設計という言葉がありますが、自由設計と聞いてパッと間取りやプランを自由に設計することと頭に浮かんできます。ローコスト住宅の自由設計は間取りやプランだけではなく断熱性・気密性・防音性も自由に選択することができるのです。遮音性や断熱性、防音性など気になる方はぜひ一度お近くのアサヒグローバルへ詳しくはお立ち寄りください。

# マイホームを建てるまで