【四日市】 Tel.0120-541-008
【桑名】 Tel.0120-932-144
【鈴鹿】 Tel.0120-002-047
【津】 Tel.0120-080-311
【一宮】 Tel.0120-597-011
【尾張旭】 Tel.0120-02-8670
【春日井】 Tel.0120-96-9466
【岐阜】 Tel.0120-920-769

営業時間 10:00〜18:00  定休日 火曜日

ブログ

2014年9月16日

三重県でエネファーム採用の建売住宅をお探しなら

三重県で建売住宅をお探しの皆様に、「エネファーム」を採用した建売住宅についてのコラムです。

現在、当社の建売分譲住宅に採用している給湯システムは、「エコウィル」(ガスを使って発電し、その時に発生する熱を利用してお湯をつくる)か、「エコキュート」(空気を圧縮して熱を取り出す)のどちらかです。
もうひとつ注目されているものがあります。コージェネレーションシステムの「エネファーム」です。上の二つのシステムとどこが違うのかをまず考えてみます。

「エネファーム」は都市ガスやLPガスなどから水素を取り出し、空気中の酸素と反応させて発電し、その時に発生する熱を利用してお湯をつくるシステムです。都市ガスでガスエンジンを動かして発電し、その時の熱を利用するエコウィルと、発電はしないけれども、空気中から熱を取り出してお湯をつくるエコキュートとは根本が違います。
どのシステムにも一長一短がありますが、エネファームの良いところは、停電しても自立運転が出来る、騒音を出さない、送電ロスがないため、効率的に電気を利用出来る(90%)などです。デメリットとしては製品価格が高い、都市ガスが災害などで使用出来なくなると、運転出来なくなるなどです。

建売分譲住宅の標準仕様として使用している業者さんもありますが、価格的な問題で大手住宅メーカーさんに限って標準仕様として採用しており、ほとんどの建築業者さんは、エコジョーズかエコキュート、もしくはエコウィルを建売分譲住宅の標準仕様として採用しています。将来、エネファームの価格が下がって、そのメリットを魅力的に思う人が増えてくれば、たくさん普及してくるのは間違いないところだと思います。詳しくはお問い合わせください。

# その他