【四日市】 Tel.0120-541-008
【桑名】 Tel.0120-932-144
【鈴鹿】 Tel.0120-002-047
【津】 Tel.0120-080-311
【一宮】 Tel.0120-597-011
【尾張旭】 Tel.0120-02-8670
【春日井】 Tel.0120-96-9466
【岐阜】 Tel.0120-920-769

営業時間 10:00〜18:00  定休日 火曜日

ブログ

2014年9月17日

バリアフリーの一戸建てを建てるなら

バリアフリーの新築一戸建てを建てるとき、どんなことに気をつけたらよいのでしょうか。

ちょっとした工夫次第で危険を回避することができます。
お風呂で溺れる、部屋で転倒するなどといった不慮の事故は少なからず起こっています。少しの段差でもつまずいてしまい不慮の事故につながるため、居室・トイレ・洗面所・脱衣所の出入り口やこれらをつなぐ廊下の床は段差の無いものにするのが最低限の配慮となります。将来的なことも考えて、廊下を広めに取るなどといった間取りにする必要もあります。

他にもバリアフリーの新築を建てる時、配慮しなければいけないのが扉です。ドアの場合は必ず外開きの扉ではないといけません。内開きのドアですと、中で人が倒れていた場合、ドアを開けることが出来ないためです。またドアのノブはレバーハンドルが良いでしょう。レバーハンドルですと開閉がとても楽になります。そのほかにも引き戸も良いと言えます。

このほかにも新築をバリアフリーでお考え方は、設計に様々な配慮を盛り込む必要があります。アサヒグローバルには、バリアフリーのモデルハウスもございます。ぜひグローバルタウンへ見学に来て下さい。バリアフリーの新築をお考えの方、詳しくはお問い合わせください。

# マイホームを建てるまで