【四日市】 Tel.0120-541-008
【桑名】 Tel.0120-932-144
【鈴鹿】 Tel.0120-002-047
【津】 Tel.0120-080-311
【一宮】 Tel.0120-597-011
【尾張旭】 Tel.0120-02-8670
【春日井】 Tel.0120-96-9466
【岐阜】 Tel.0120-920-769

営業時間 10:00〜18:00  定休日 火曜日

ブログ

2014年10月7日

三重県で無垢フロアを採用した建売住宅をお探しなら

三重県の方、無垢フロアを採用した建売をお探しの方に情報です。

無垢フロアは無垢をフローリングに使っています。
無垢の木材は、断面が単一の素材で構成されています。
木材を薄くスライスしたものを積み重ねた集成材や積層材とは違います。

無垢フローリングの良さは、合板フローリングとは違って、より「本物の木」という見た目の素材感があります。素足で歩いても温かみがあるという事を謳っている建築会社さんもあります。
価格は高くなりがちですが、建築素材にこだわりのある方は無垢のフローリングに興味を持たれます。しかし、欠点もあります。まずよく言われることですが、木は生き物なので、反ったり割れたり痩せたり膨らんだりします。また、水をこぼしたらすぐに拭きとる必要があることなど、メンテナンスに気を使わなくてはなりません。

アサヒグローバルの建売分譲住宅では、残念ながら無垢フローリングは、現在は採用しておりません。コストの問題や、のちのち上記欠点からの問題発生の確率などを考えると、建売住宅として採用する材料としては考えにくいからです。
現在、当社建売住宅に採用しているフローリングは、オレフィンシートにEBコーティングを施したもので、反ったり曲がったりせず、傷や凹みに強く、ワックスがけの必要のない、メンテナンスの容易なフローリングとなっています。

建売住宅をご案内していると、オレフィンシートフロアをご覧になられたお客様が、「これは無垢のフロアですか?」と質問されるくらい、木目が綺麗に出ているのも、このフローリング材の特徴です。フローリングの表面材に使う素材への木目の印刷技術は本当に進歩していると感じます。

詳しいお話は、お近くのグローバルタウンまたはアサヒグローバルへお問い合わせください。

# 構造・工法