【四日市】 Tel.0120-541-008
【桑名】 Tel.0120-932-144
【鈴鹿】 Tel.0120-002-047
【津】 Tel.0120-080-311
【一宮】 Tel.0120-597-011
【尾張旭】 Tel.0120-02-8670
【春日井】 Tel.0120-96-9466
【岐阜】 Tel.0120-920-769

営業時間 10:00〜18:00  定休日 火曜日

ブログ

2014年10月10日

建売でローコスト住宅と呼ばれる・・・。

●建売住宅と注文住宅の違い

建売住宅は土地と建物を一緒に販売する新築分譲住宅の事をいいます。
建売住宅には大きく分けて2つあり、販売業者の企画で建物を建ててから販売する完成売りと、更地の状態で契約後に建てる青田売りがあります。建売住宅の完成売りは間取りも仕様も出来上がっているため、お客様の好みに合わせることができません。青田売りは若干であれば、仕様など変更することは可能です。

建売住宅の良いところは販売価格がはっきりしており、途中で追加金額が発生することはありません。またローコストで手に入れる事ができます。そして実際に目で見たものを購入することができるので、イメージと違ったということもありません。また建物の引き渡し時期もはっきりわかります。

一方、注文住宅は間取りや仕様をお客様の好みに合わせることができます。しかし実際に目で見て購入することができないため、イメージと違ったということがあるかもしれません。

●建売住宅がなぜローコストを実現できるのか

注文住宅に比べると建売住宅は設備・建材などの資材を大量一括購入することができます。また建築工事も同時期に行うことができるので建築現場で必要な仮設水道、電気、トイレ、駐車場などをまとめて使用することができるため、経費が少なくて済ます。建築工事の期間も短くて済みますので、経費が少なくて済ます。このような理由により、ローコストを実現することができるのです。以前まではローコストと聞くと、資材など安価なものが使われていると思われがちだったのですが、最近は法改正もあり、年々耐震性、断熱性能など良くなってきています。

建売でご検討中の方は、一度お近くのグローバルタウンにお立ち寄りください。

# マイホームを建てるまで