【四日市】 Tel.0120-541-008
【桑名】 Tel.0120-932-144
【鈴鹿】 Tel.0120-002-047
【津】 Tel.0120-080-311
【一宮】 Tel.0120-597-011
【尾張旭】 Tel.0120-02-8670
【春日井】 Tel.0120-96-9466
【岐阜】 Tel.0120-920-769

営業時間 10:00〜18:00  定休日 火曜日

ブログ

2014年10月20日

新築する際の結露対策

この十数年の間に新築住宅の仕様が大変良くなっています。現在では新築の高気密高断熱住宅は当たり前になりました。その中で結露対策は大きな問題です。結露がカビを発生させる原因にもなっています。では、結露とは何でしょうか。

冷たい飲み物をコップに注ぐとコップの外側に水滴がつく、冬場の窓ガラスが曇る現象が結露です。結露にはコップの水滴のように目につきやすい表面結露と建物の床、壁などの目に見えない内部に出来る内部結露があります。結露は空気の温度の低い物体に触れるなどによって冷やされ、その温度で空気の水蒸気を含むことができる許容限界量が下がり限界を超えた量が液体の水に変わる現象をいいます。

結露が起こるからと言って欠陥住宅であるということではありません。しかし新築の家で結露が起こるという事は嫌なものです。新築の家で結露が起こらないようにするために、一番大切なのは換気になります。時々窓を開けるとか台所やお風呂の換気扇をできるだけ回すようにするだけで室内の空気が動きこれだけで結露は起こりにくくなります。しかし寒い日や窓を開けたり、換気を回すというのはせっかく温められた部屋を冷やす事になるので、不経済です。

そこで検討して頂きたいのが窓ガラスです。窓ガラスを複層ガラスにするだけで結露に対する効果は高くなります。窓ガラスだけでは完璧ではありませんので、ガラスのまわりの部分のアルミを樹脂にするなどして結露が起こりにくいタイプにすることが必要です。

他にも結露を発生させない新築づくりをお考えの方、詳しくはお近くのグローバルタウンまたはアサヒグローバルへお問い合わせください。

# マイホームを建てるまで