【四日市】 Tel.0120-541-008
【桑名】 Tel.0120-932-144
【鈴鹿】 Tel.0120-002-047
【津】 Tel.0120-080-311
【一宮】 Tel.0120-597-011
【尾張旭】 Tel.0120-02-8670
【春日井】 Tel.0120-96-9466
【岐阜】 Tel.0120-920-769

営業時間 10:00〜18:00  定休日 火曜日

ブログ

2014年10月20日

ローコストでも地盤保証は必要?

住宅建設には「ローコスト」と呼ばれる建築物があります。
よりいいものを安価で建設しようと思うのは皆様同じではないでしょうか?
しかし、建築メーカーの中にはチラシにも記載されず、知らずに「その内容の保証は入っておりません」と後で聞く事が多いのではないでしょうか。特に今回はローコストでも必要な地盤保証について説明させて頂きます。

「地盤保証」を受けるには「地盤調査」が必要です。地盤調査とは、建築物の着工に先立ち、お客様の土地を地質学的と土質工学的に調べることです。お客様の大事な住宅、安心して長く住んでいただくには、土台である地盤が重要になります。
仮に脆弱な地盤に住宅建設をしてしまうと、月日を重ねるごとに地盤沈下が進み、その結果、住宅の傾きやヒビに亀裂、扉や窓の開閉の不具合など様々な支障が出ることが考えられます。そのような事態に陥らない為にも地盤調査が必要になってきます。

住宅建設の地盤調査は、地盤が建築物を安全に支持できるか、どの程度の不同沈下が予想されるか、また、支持できない場合は安全に支持するための方法を技術的に調べることを目的として調査します。調査方法には、ボーリング、サウンディング、サンプリング、土質試験などがあり、住宅の地盤調査では、先端がスクリュー状になった棒を回転貫入させるスウェーデン式サウンディング方式が一般的です。地盤調査の結果、軟弱地盤であることが判明したら、地盤が安全に建物を支持できるように地盤改良を行います。

このように調査結果に基づいて施工の仕様が決まってきます。その施工通り行う事で地盤保証が得られるのです。ローコストの住宅だからと言って地盤保証がない建築会社や、「地盤保証がないからローコストです」という事は全く筋違いになります。しっかりとした保証があるかどうか見極めて建設する事が大事になります。

アサヒグローバルの建築物の中にもローコスト住宅はありますので、是非お越し下さい。
詳しくはお近くのグローバルタウンまたはアサヒグローバルへお問い合わせください。

# その他