【四日市】 Tel.0120-541-008
【桑名】 Tel.0120-932-144
【鈴鹿】 Tel.0120-002-047
【津】 Tel.0120-080-311
【一宮】 Tel.0120-597-011
【尾張旭】 Tel.0120-02-8670
【春日井】 Tel.0120-96-9466
【岐阜】 Tel.0120-920-769

営業時間 10:00〜18:00  定休日 火曜日

ブログ

2014年11月6日

ローコスト住宅と固定資産税

アサヒグローバルの新築注文住宅は自由設計です。
様々なご要望を実現することができます。

その中でも、近年注目されているのがローコスト仕様の家です。ローコスト住宅は資材や住宅設備を大量発注して仕入れコストを抑えるなど、企業の努力によってローコストが実現されています。このため、依頼先を選ぶ際、なぜローコストで建てられるのか、わかりやすく納得のいく説明をしてくれる住宅メーカーを選びたいものです。アサヒグローバルではしっかりとご説明・ご提案できます。家族の理想の暮らしを実現できる家を建てられる会社をお探しでしたら、ぜひ一度アサヒグローバルへご来店ください。

ところで、家を建てるときに必ずついてくるのが固定資産税です。皆さまはその仕組みをご存じでしょうか。固定資産税とは、毎年1月1日に土地や家屋といった固定資産を所有している人に市町村が課する税金です。固定資産税は「賦課(ふか)課税制度」といって、地方公共団体が自動的に税額を計算し、納税通知書が送られてきます。固定資産税は、固定資産を評価した上で、その価格をもとに課税標準額を算定し、税率をかけて求められます。固定資産税は市税ですので、調査は市役所職員が行います。

また、固定資産評価基準によって算出されます。算出方法は木造か非木造かで違います。木造の場合、評価対象は主体構造部(基礎、柱等)、仕上げ(外部、屋根、天井、床、内壁)、建築設備(キッチン、風呂、洗面、トイレ、空調等)です。基礎は見付高、柱は太さや真壁or大壁、建築設備は種類や大きさと設置面積等を見ます。吹抜けは課税床面積に入りませんが、内壁仕上げは評価の対象となります。同じ家でも、吹抜けの有無で、吹抜け部分の仕上げ分税金が高くなる等違いがございます。

アサヒグローバルでは、固定資産税についてのご質問にもお答え致します。ご家族でしっかりと話し合い、後悔のないローコストでなおかつ固定資産税対策にも対応した新築住宅を一緒につくりましょう。詳しくはお近くのグローバルタウンまたはアサヒグローバルへお問い合わせください。

# マイホームを建てるまで