【四日市】 Tel.0120-541-008
【桑名】 Tel.0120-932-144
【鈴鹿】 Tel.0120-002-047
【津】 Tel.0120-080-311
【一宮】 Tel.0120-597-011
【尾張旭】 Tel.0120-02-8670
【春日井】 Tel.0120-96-9466
【岐阜】 Tel.0120-920-769

営業時間 10:00〜18:00  定休日 火曜日

ブログ

2014年11月12日

注文住宅の耐震性能はどうやって判断する?

注文住宅をつくるにあたり、耐震性能は切っても切り離せない重要な項目の一つになります。
日本に住む以上、地震はいつやってくるか分かりません。注文住宅での地震対策は、主に構造や工法で耐震性を高めたやり方となっています。

耐震性能には、主に「耐震・制震・免震」といった考え方があります。
「耐震」は、地震の力に対し、主に壁の強度を上げて耐える構造です。建物が頑丈でも地震の揺れは建物内部に伝わり、2階・3階と上がる程、揺れが増幅します。構造用合板やパネルといった面材を使用し、筋かいと呼ばれる軸材を使用した耐力壁により耐震性能を向上させています。
「制震」は、建物の柱や梁、壁などの構造上重要な部分に「制震装置」を組み込み、建物に伝わった地震の揺れを吸収する構造です。地震の揺れが上の階ほど増幅する高層ビルなどに、有効な技術です。地震による建物変形時にゴムやダンパーの伸縮等によりエネルギーを吸収して耐震性能を高めます。
「免震」は、物と基礎との間に免震装置を設置し、地盤と切り離すことで、建物に地震の揺れを直接伝えない構造です。基礎と建物を固定するという注文住宅の概念からは全く新しい考え方になります。

注文住宅つくりにおいて、耐震性能のどれが良いかは一概に言えません。地盤の強さやコスト、デザインなど総合的に判断することになると思います。詳しくはお近くのグローバルタウンまたはアサヒグローバルへお問い合わせください。

# マイホームを建てるまで