【四日市】 Tel.0120-541-008
【桑名】 Tel.0120-932-144
【鈴鹿】 Tel.0120-002-047
【津】 Tel.0120-080-311
【一宮】 Tel.0120-597-011
【尾張旭】 Tel.0120-02-8670
【春日井】 Tel.0120-96-9466
【岐阜】 Tel.0120-920-769

営業時間 10:00〜18:00  定休日 火曜日

ブログ

2014年11月13日

結露対策を考慮した注文住宅では

結露対策を考慮した注文住宅がなぜ良いのか。
なぜ結露が発生するのか。
簡単にご説明します。

水分は空気の中にも含まれています。湿度○%というのは空気中に含まれる水分の割合を表し、湿度によって空気中に含むことの出来る水分量(水蒸気)が違い、湿度が低いと含まれる事の出来る水蒸気の量は少なくなります。この差が結露の原因となり、注文住宅では結露を考慮して設計されると良いでしょう。

冬の日に暖房によって室温20度に保たれた室内の空気が、外の気温5度で冷やされた窓ガラスに接していると、室内の空気の温度が下がり、水蒸気の限界量が減り、空気から漏れ出て水となってしまい、ガラスに付着し結露の発生になります。特に結露が発生する場所は、①リビング②寝室③ダイニング④押し入れ、⑤クローゼットです。

結露対策を考慮した注文住宅では、窓ガラスをペアガラスにしたり、お部屋での空気環境を良くするために風の通る採風タイプ室内ドアや、玄関ドアにも採風のタイプもあります。収納、特にクローゼットは、なるべく換気を多く取り、結露防止対策として、除湿機、結露防止ヒーター、結露取りワイパー、結露防水テープ、結露防止スプレーなど、多くの対策グッズが市販されてますので、併用されるとより効果が得られることでしょう。

結露対策を考慮した注文住宅を建ててみませんか。当社にてご提案いたしておりますので、アサヒグローバルにご興味をいただきましたら、一度お問合せくださいませ。お近くのグローバルタウンでもお待ちしております。

# マイホームを建てるまで