【四日市】 Tel.0120-541-008
【桑名】 Tel.0120-932-144
【鈴鹿】 Tel.0120-002-047
【津】 Tel.0120-080-311
【一宮】 Tel.0120-597-011
【尾張旭】 Tel.0120-02-8670
【春日井】 Tel.0120-96-9466
【岐阜】 Tel.0120-920-769

営業時間 10:00〜18:00  定休日 火曜日

ブログ

2014年12月1日

モジュールとは

尺モジュール、メーターモジュールの住宅をお求めなら、是非アサヒグローバルへお越し下さい。

尺モジュールは、日本の住宅建築で最も多く採用されています。
910mm(= 3尺)を基本寸法にして、柱の芯と芯の間隔を寸法を決めていきます。

 2分の1の455mm
 3分の1の303mm
 2倍の1820mm
 3倍の2730mm

日本で流通している住宅建材のほとんどは、910mmの尺モジュールを基にしたサイズで作られています。このため、他のモジュールで設計してしまうと、材料が割高になる場合や材料の無駄が多くなる場合、色々と不都合の生じる場合が多くなります。しかし、最近ではメーターモジュールに合わせた住宅建材も徐々に多く出回るようになっています。

メーターモジュールは1m(1,000mm)が基本単位なので、廊下の幅が、尺モジュールに比べ90mm広くなるなどのメリットがあります。しかし、尺モジュールは古くから使われている歴史のある単位であるため、材料が多種多様で選択肢が豊富です。

以上の理由から、どちらのモジュールが良いとは言い切れません。
広さという点では、メーターモジュールですが、その分お金が多くかかりますね。
反対に尺モジュールは、910mmなので少し小さく感じますが、あらゆる住宅建材が使用できます。

実際にモデルハウスを見て、感じて、どちらがお客様の望む家であるか、見定めて下さいね。ぜひ一度お近くのグローバルタウンへお立ち寄りください。本社アサヒグローバルへのお問い合わせもお待ちしております。

# マイホームを建てるまで