【四日市】 Tel.0120-541-008
【桑名】 Tel.0120-932-144
【鈴鹿】 Tel.0120-002-047
【津】 Tel.0120-080-311
【一宮】 Tel.0120-597-011
【尾張旭】 Tel.0120-02-8670
【春日井】 Tel.0120-96-9466
【岐阜】 Tel.0120-920-769

営業時間 10:00〜18:00  定休日 火曜日

ブログ

2014年4月24日

四日市の一戸建てを取り巻く現状

四日市の一戸建て(持家)は、平成22年の国勢調査で76,654戸と10年間で8,000戸も増加しています。しかしこの間、四日市の中心市街地でのマンション建設により共同住宅増加が高まりました。四日市の郊外住宅団地の世帯数を見ますと4,000世帯も増えています。これは、平成20年から平成24年の推移ですが、四日市の人口が31万3・4千人とほぼ横ばいにもかかわらず世帯数が増えているというのは、四日市市内で核家族化が進んでいるのがよく分かりますね。我が家でも保育園の迎えの時間に行けない時は、近所の人にお願いして、見てもらっています。非常に助かっています。

四日市の一戸建て(持家)の多い団地は、四日市市三重団地・四日市市あかつき台・四日市市桜花台・四日市市坂部が丘・・・などなどですが、造成から数10年経過したところで、人口や世帯数の減少が進むようです。私の住んでいる団地でも2年ぐらい前から小学校の子供の数が極端に少なくなり、小学校でも2クラスしかない学年が多くなってきました。

減る一方ではなく、四日市へ一戸建てを建てたいと思っている方は3割ぐらいの方がみえるそうで、その内6割の方は、一戸建て(持家)を希望されているようです。四日市の中心市街地では利便性はいいですし、四日市市内の団地では、子育てに関する満足度が高いようです。住むところによって違いますね。一戸建て(持家)を作る時の楽しみがあれば、住むところでの楽しみもありますね。(資料「第2章四日市市の住まいを取り巻く現状と課題」より)

# マイホームを建てるまで