【四日市】 Tel.0120-541-008
【桑名】 Tel.0120-932-144
【鈴鹿】 Tel.0120-002-047
【津】 Tel.0120-080-311
【一宮】 Tel.0120-597-011
【尾張旭】 Tel.0120-02-8670
【春日井】 Tel.0120-96-9466
【岐阜】 Tel.0120-920-769

営業時間 10:00〜18:00  定休日 火曜日

ブログ

2015年2月17日

理想の家とは?

理想の家――といっても、設計士が建てる家、ハウスメーカーが建てる家、地元の工務店、大工さん…など、多くの理想の家があります。理想の家は様々です。私は現場監督を28年、600件以上の引き渡しを行ってきました。この経験から理想の家を実現する大切なことを、お伝えしたいと思います。

出来上がると見えなくなる構造部分
一番大切な事は出来上がると見えなくなる構造です。皆さんは「今どき構造なんてどこの工務店でもしっかり工事しているのでは?」と思われますが、意外に今、『しっかり施工されていない家』があります。
理由は色々ありますが、大きく言うと、多くの住宅工事において、職人さんが足りていません。また、職人さんの成り手が少なく、職人の施工レベルもどんどん下がっています。
工事が多くなるとタダでも少ない職人さんに、出来る工事量をオーバーする仕事を渡してしまい、じっくり、しっかりした仕事が難しくなります。

断熱性
構造部分も完成後見えなくなる部分ですが、見えなくなる断熱性についても要注意です。
断熱は簡単そうでいて難しい内容です。ハウスメーカーさんで聞くと色々その家の断熱性の良い所、断熱性能の数値的な事を聞いて「素晴らしい断熱の家だな」と思われるでしょう。実際生活されると、意外に夏暑く、冬寒い家が多いのです。
いくら見た目素晴らしい家でも断熱性の悪い家は、普段生活するには一番イヤに思われるものです。理想の家には程遠い家になってしまいます。
私は数年リフォームの営業をしていたこともありますが、意外にまだ新築して数年しか住まわれていないのに断熱性能を上げるリフォームを希望される方が多いのです。快適な室温なくして理想の家にはなりません。また、後々小規模のリフォームで断熱性能を上げるのは難しいのです。

会社の考え方
会社の考え方が意外に重要です。工事監督のレベル、職人さんのレベルは当然重要なのですが、いくらレベルの高い施工能力があっても、正しい理想の家に対する考え方を持って日々努力している会社でなければ、工事監督も職人さんも高い施工能力を発揮して素晴らしい家を作ることは出来ません。ただ儲ければ良い、早く工事が終われば良い、どんどん売上を伸ばして会社を大きくしたい、と考え工事していたら、決して良い家は出来ません。
私はある程度、経験と知識を付けたら工事監督も職人さんも理想の家をつくる能力は、変わらないと思います。最後は家に対する思いです。それが一番、理想の家を建てる近道だと思います。

●理想の家を建てるには
理想の家とは、数値や形ですぐ判断出来ない事が多く難しいものと思います。まずは色々な所に行かれ、色々な話しを聞き、家の素晴らしさだけではなく、会社の考え方を知って共感出来る会社で施工することが一番かと思います。

# マイホームを建てるまで