【四日市】 Tel.0120-541-008
【桑名】 Tel.0120-932-144
【鈴鹿】 Tel.0120-002-047
【津】 Tel.0120-080-311
【一宮】 Tel.0120-597-011
【尾張旭】 Tel.0120-02-8670
【春日井】 Tel.0120-96-9466
【岐阜】 Tel.0120-920-769

営業時間 10:00〜18:00  定休日 火曜日

ブログ

2015年3月2日

ローコスト注文住宅を建てるときのポイント

注文住宅を建築するなら、なるべくローコストに家を建築したいですよね。
ローコストというと、「安かろう、悪かろう」と思われる人も多いと思いますが、 そうではなく、こだわる部分にはしっかりお金をかけて、不必要な部分を省いた「無駄を省いた家」のことです。

しかし、注文住宅でこだわればこだわるほどコストが上がり、夢のマイホーム計画がなくなってしまいます。満足のいくローコスト注文住宅を完成させるには、ポイントを押さえて計画してみましょう。

●打ち合わせ記録を書面に残す
注文住宅を建てる場合、打ち合わせは一回では終わりません。必ず数回にわたって細かい部分まで打ち合わせをします。その際、必ず打ち合わせ記録を書面に残しておきましょう。どんな細かいことでも構いません。議事録のようなものを残して住宅メーカーの方と共有しておきます。
注文住宅のトラブルで多いのは「思っていたのと違う」または「言ったことが守られていない」など、打ち合わせ時のすれ違いです。「言った」「言わない」のトラブルは非常に多く、お互いの意思疎通がはかれていない場合があるのです。そういったトラブルを避けるためにも、打ち合わせ記録は必須となるわけです。お互いに気持ちよく家を建てられるよう、記録にしてすれ違いを防ぎましょう。

理想の家のイメージを自分の言葉で伝える
理想の家のイメージを自分の言葉で伝えましょう。伝わりづらい場合は絵を描いてみたり、理想の間取りの写真を見せるなどして伝えましょう。設計する人に任せっぱなしにしていると、イメージ通りの家は出来上がりません。また、イメージは1回ですべて伝えられるわけではありませんので、打ち合わせは必ず数回に分けてじっくりとしたほうが良いと思います。

プロの意見をじっくり聞く
注文住宅づくりのプロの意見をじっくり聞いてみましょう。施工経験から的確なアドバイスをしてくれるはずです。プロの貴重な経験を家づくりに生かした方が絶対に得です。デメリットや失敗例なども聞きながら理想の家に近付けて行ってください。

アサヒグローバルではローコスト注文住宅の建設を行っております。
ご興味をいただきましたら、一度お問合せください。

# マイホームを建てるまで