【四日市】 Tel.0120-541-008
【桑名】 Tel.0120-932-144
【鈴鹿】 Tel.0120-002-047
【津】 Tel.0120-080-311
【一宮】 Tel.0120-597-011
【尾張旭】 Tel.0120-02-8670
【春日井】 Tel.0120-96-9466
【岐阜】 Tel.0120-920-769

営業時間 10:00〜18:00  定休日 火曜日

ブログ

2015年3月16日

家事動線を考え、効率性UP!

各家庭で生活リズムや役割などは違います。ですが、人の動き、特に家で生活をするときの動きは2種類に分けられるといわれています。それが、生活動線と家事動線です。

生活動線は、起きて、顔を洗い、食事をして、トイレに入り、出かける…といった毎日の生活上の一連の動きを表した線のことです。家事動線は、調理する、片づける、洗濯する、干す、掃除する…といった家事を行うときの人の動きを追ったものを言います。
家事をする人にとっては、後者の家事動線がスムーズにいかないとストレスの原因になってしまうかもしれません。特に間取りの中では、キッチン・洗面・お風呂といった水廻りが気になるポイントです。間取りを考える上で、いつもの家事動線を検討し、どのようにすると効率が良いか考えることが、実際に住んだ時の住み心地に繋がります。

家事動線を活かした間取りを考えてみてはいかがでしょうか。
ここで少し洗濯するときの家事動線について考えてみましょう。

Q1.洗面室で洗濯した後、どこに干しますか?

洗濯物をカゴに入れて外やベランダに干すという方、洗面室ですぐハンガーに掛けて干す方、テレビを見ながらリビングで干す方、様々です。物干しをどこに設置したら、自分の家事がやりやすいかを考える必要があります。

Q2.洗剤を置く位置はどうしますか?

洗面台の収納スペースにしまう、洗濯機の上に収納を作りすぐ取り出せるようにする、床下収納にストックと一緒に保管する。こちらも様々方法があります。
片付けるのが苦手な方は、同じ洗面室であっても、少し離れた場所では、しまうことは、なかなか続かないと思います。そういう方は洗濯機の上に置き、すぐ使えるようにした方が効率が良くなりますよね。

その他にも、玄関から洗面室までの距離を近くした間取りの場合、お子様の泥だらけの洋服や靴下をすぐに洗濯出来ます。その場合、洗面室に部屋着をしまう収納スペースがあるとさらに便利かもしれません。

この様に、洗面室一つでも細かいことを挙げていけば、考えることが沢山あります。ですが、一つ一つの家事動線を細かく辿っていくことで、自分なりの間取りが完成して行きます。普段あまり気にしていないかもしれませんが、新築を検討されるときに一度自分の家事動線がどのような感じなのか考えてみると良いかもしれませんね。

# マイホームを建てるまで