おかげさまで42周年
  • 資料請求
  • 新着情報
  • 会社概要
  • 採用情報
  • 0120-541-008 営業時間 10:00~19:00 定休日火曜日
  • 来場予約

QUALITYQUALITY

品質保証

信頼の保証検査制度

アサヒグローバルの注文住宅は公的機関検査・地盤保証・住宅瑕疵担保責任保険などの安心保証を完備。第三者機関による確実な保証制度で、建てた後も長期間の安心をお約束します。

60年継続保証

施工品質の自信をお客様の安心に、最長60年の長期保証。

家で過ごす時間と保証は長い方がいい、だから保証は60年。

60年保証

住宅において重要な構造・防⽔の不具合の責任期間は、法律で10年と定められており、10年保証が⼀般的です。家電製品のメーカー保証と同じように、保証期間の終了後は施⼯不良であっても、ご購⼊者の皆さまに補修費⽤をご負担していただくこととなります。弊社では、お客さまに末永く安⼼して暮らしていただけるよう、施⼯品質に対する⾃信を最⻑60年の⻑期保証というで形でご提供させていただいております。

※通常の経年劣化や、経年劣化による不具合は保証いたしかねます。

60年保証

大手ハウスメーカーの長期保証と同じですか?

60年保証

⼤⼿ハウスメーカーであっても廃業や倒産すれば保証は終了してしまいますが、弊社では、同時に第三者機関の保証を付けております。万が⼀のことがあっても構造・防⽔の保証は継続されますので、お客さまをしっかりとお守りできる体制となっております。(※1)

60年保証

10年目にメンテナンスをしないと保証が終わってしまいますか?

60年保証

最⻑○○年保証と⾔っても、10年⽬に決められたメンテナンスを実施しなければ終了する保証が多くあります。本来、周辺環境や⾃然災害の影響など住宅によってメンテナンスの時期はさまざまです。弊社では、住宅の状態に合わせて適切な時期にメンテナンスをご提案しますのでご安⼼ください。(※2)

60年保証

他社にメンテナンス工事をお願いしても保証されますか?

60年保証

誠に申し訳ございませんが、他の事業者さまが実施した⼯事の責任について、弊社が保証あるいはその責任を負うことはできません。(※3)

60年保証

※1 引渡⽇より10年間については、弊社に万が⼀廃業や倒産等が⽣じている場合、住宅瑕疵担保責任保険によりお客さまに補修費⽤が⽀払われます。
※2 経年劣化によるメンテナンスが急務と判断される箇所のメンテナンスを実施していただけない場合は、20年⽬以降の延⻑ができないことがございますのでご了承ください。
※3 弊社が防⽔・構造に関わるメンテナンス⼯事を実施した場合は、その箇所も保証対象となります。

上へ戻る

地盤保証

地盤に起因する損害が発生した場合の費用を保証します。

お引渡しから20年間の保証をお約束

地盤保証

第三者機関による地盤強度の調査、調査データの解析、地盤の状況に応じた基礎仕様・改良工事を行い「地盤保証」をつけています。一保証対象物件、一事故につき最高5,000万円まで(地盤の不同沈下に起因する建物の損害等地盤保証システム規定に基づき対応)、お引渡しから20年間の保証をお約束し、不同沈下の損壊から大切な財産とご家族を守ります。

地盤保証

上へ戻る

白蟻保証

白蟻から大切な建物を守る安心の10年間保証。

白蟻に起因する損害が発生した場合の費用を保証します。

白蟻保証

木建物に永く安心して暮らすためには、白蟻対策は重要です。アサヒグローバルでは、基礎の下にターミダンシートの施工と、土台・床下・床から1mまでに薬剤の散布を行い、10年間の保証を行い、白蟻から大切な建物を守ります。

白蟻保証

上へ戻る

住宅瑕疵担保責任保険

第三者機関JIOと共に、業界トップレベルの安心を実現。

建物基本構造部分に保険を付保しています。

住宅瑕疵担保責任保険

安心していつまでも暮らすためには、建築時からしっかりと施工品質を高めておかなければなりません。万一新築住宅に不具合(瑕疵)があった場合、住宅事業者が費用を負担し直すことが義務付けられています。私共は万一にそなえ、その費用を保険によって確保しています。

住宅瑕疵担保責任保険

上へ戻る

地盤調査

地震に強い家をつくるためには、基礎が大事です。全棟で地盤調査、その結果に基づいた最適な基礎を施工します。

地盤調査

地盤調査

地盤の状態は目に見えません。何の問題がないように見える地盤であっても、軟弱な地盤が原因で不同沈下が発生するケースはめずらしくありません。不同沈下などによって、ひとたび家が傾くと、構造の強度低下や生活上のさまざまな支障が起きてきます。どんなに優れた構造であっても、それを支える地盤の状態が悪ければ発揮することはできません。アサヒグローバルは、家を建てる敷地の状態を知るために、来歴調査を実施し、家を支える力があるかどうか地盤の地耐力を線密に調べ、調査結果、分析結果とともに、建築計画に最適な基礎仕様をお客さまにご提案します。

地盤調査

上へ戻る

公的機関検査システム

第三者機関株式会社日本住宅保証検査機構(JIO)が検査を実施、品質を確認します。

国土交通大臣指定保険法人であるJIOと提携

公的機関検査システム

瑕疵保証システムにおいて、長期間にわたりその性能を保てる住宅かどうか。アサヒグローバルでは、200項目以上にわたる検査を実施するほかに、国土交通大臣指定保険法人であるJIOと提携し、3回の現場検査を実施します。

公的機関検査システム

【現場検査の主な項目】

❶ 基礎配筋検査

❷ 躯体検査

❸ 外装下地検査

それぞれの項目において適正な工事が行われているか、必要な強度が水準に達しているか、厳しい基準の検査が実施されます。

上へ戻る

商品・品質について