家づくりへの情熱

2020/04/17

【住宅】2019年4月から『12ヶ月』が過ぎました。

今は2020年4月ですから、ちょうど一年前の4月からアサヒグローバルの改革に着手しました。

 

私は13年前に名古屋に出て、ゴールドエイジ(株)(介護・看護・サ高住運営)とゴールドトラスト(株)(アパート・マンションと資産形成)の経営に専念していましたので、アサヒグローバル(株)の経営からは10年以上離れていたのです。しかし株式は100%私一人で所有していますので、実質的な創業経営者でしたが、あまり会議に出る時間がなくて離れていました。

 

そして去年の4月にたくさんの問題があることに気が付いて、9月までの6ヶ月間は『人事労務業務改善』に全力で取り組みました。その後10月から今年の3月までの6ヶ月間は『業績向上と営業設計工事の改革』に全力で取り組んだのです。12ヶ月間の大胆な改革を行って、やっと先月の3月に『まともな会社』になりました。

 

何億円かのお金も使いましたし、全社員さんの給料も一人一人全員変えてしまいました。それは凄く『大胆な改革』だったのです。しかし私は一言で言うと社員さんが喜ぶ会社、やりがいのある会社にしたいだけの一心で全ての改革を行いました。だからまあ、社員さんも努力してついてきてくれたのではないでしょうか。心から感謝申し上げます。

 

さてこの4月からは真の『第二創業』が始まります。その全ての準備が整いました。これからは『日本一住宅』づくりと『世界一住宅』づくりに脇目もふらずに邁進いたします。まだまだやることはたくさんありますので努力いたします。

 

今すでに完成したことは10コです。①日本一費用をかけない『365日空調の家』②花粉や微細な物質を全て無くして健康第一の家『ドクターハウス』③エコエネルギーで『電気代ゼロの家』④日本一ローコストで外壁4面『タイル貼りの家』⑤『収納3倍の家』(当社比較)⑥ガーデンデザイナーの『ガーデニングの家』⑦東京在住の有名設計士とつくる『建築家とつくる家』⑧800度以上で焼いた『レンガ積み完全断熱の家』⑨地震に強く横揺れを吸収する『積層地盤の家』⑩吹き抜け・大型リビングの『天井高2.6mの家』などです。

 

今準備していて今年中につくりたい新しい家は5つです。①ドイツの断熱基準(日本のZEH基準の約10倍)の『高密ウレタン付きレンガタイルの家』②9mの梁で大空間をつくる『ビックビーム工法の家』③欧米基準の広さの『60坪の家』④10年20年後でも住宅を買い取る『買い取り保証の家』⑤家具や家電付きの『IoT家具付の家』などです。たくさんやることがあって、大忙しの毎日ですね。

 

あとは今、16棟・16種類の第二モデルホームを計画しています。『グローバルバリューホーム』の営業所は①一宮②春日井③尾張旭④桑名⑤四日市⑥鈴鹿⑦津と新しく⑧岐阜市に出店しますので、8営業所にそれぞれ2棟ずつの第二モデルホームを16棟建てる計画です。そこで私のつくりたい新しい住宅を実験的に建築して販売します。どれか1つでも気に入っていただければ嬉しいですね。

 

あっという間に12ヶ月が過ぎてしまいました。4月からは19人の新入社員の入社。30人のフィリピン上棟チーム。6人のベトナムの優秀な大学を卒業した技術者の採用。10人のフィリピン看護師・介護士の来日。40人のサ高住の館長補助の採用など、グループ各社では新しい若い人材の入社が活発です。

 

ちょっと古い考え方ですが、私達は自分達がした同じ苦労は後輩には絶対にさせてはならない。若い後輩達には新しい未来があるし、そして新しい苦労に挑戦してもらいたい。そうして会社が一年一年成長して、いい会社になりたい。この基本的な成長をすることが、お客様、取り引き先様、社員とそのご家族のためには必要です。必ず達成いたします。

上へ戻る

グローバルタウンでお待ちしています!