0120-541-008

営業時間 10:00〜18:00 定休日火曜日

【四日市】 Tel.0120-541-008
【桑名】 Tel.0120-932-144
【鈴鹿】 Tel.0120-002-047
【津】 Tel.0120-080-311
【一宮】 Tel.0120-597-011
【尾張旭】 Tel.0120-02-8670
【春日井】 Tel.0120-96-9466

営業時間 10:00〜18:00  定休日 火曜日

施工事例

趣味と暮らす、男の隠れ家、妻のアトリエ。プライベートな時間も大切にする お洒落な家

外観

淡いカラーの外壁とテラコッタ色の瓦風屋根で、南欧の世界観を演出しています。玄関の壁面に設けたスリット窓は「ショーケース」をイメージしたもので、窓際にクリスマスツリーを置いたりと季節ごとにアレンジしているそうです。

 

 

土間部分を広く設計したゆとりある玄関。モルタルにタイルをランダムに埋め込んだ床は、妻様のアイデアを左官屋さんの手仕事でカタチにした共同作品です。リビングへつながる奥の白いドアは、光が抜けるチェッカーガラスがアクセントになっています。

 

 

LDK

「フランス人がアジアンテイストの家を建てるなら」がテーマのLDKは、色・柄を複数組み合わせてもスッキリまとまっているのがさすがプロの技です。

横長の敷地を最大限活かすためリビングはL字型にし、廊下を極力排除するなど、ムダなスペースが出ない間取りレイアウトにもこだわりました。

 

 

 

キッチン、ダイニング

海外旅行が趣味のご夫婦がトルコで購入したモザイクランプは「新居に絶対に取り付けたい」と大切にしていたとっておきのアイテム。キッチンからダイニングは真っ直ぐな動線で「共働きなので家事は効率のよさが大事。この動線は配膳がしやすくてすごくラクです」とご主人。

 

 

 

リビング、和室

「両親が遊びに来た時に泊まってもらえるように」と、リビングの隣に琉球畳を敷き詰めた小上がりの和室をレイアウトしました。

アジアン×フレンチの世界観と馴染むよう黒枠のモダンなデザインの可動間仕切りを選んだ点や、天井・壁に独特の陰影が浮かび上がる照明を取り付けた点もこだわりです。

 

 

 

ペレットストーブ

ご主人がこだわった「温かみのある空間づくり」に一役買っているペレットストーブ。温風と輻射熱で体の芯からじんわり暖めてくれ、消した後も温もりが余韻として残り、高気密・高断熱の家とも相性ばっちりです。炎のゆらぎに心癒されるひと時も叶います。

 

 

 

ロフト

寝室上のロフトは、楽器・CD・フィギュアなどご主人の大好きな物だけを集めました。「開放的なリビングで過ごすのも好きですが、このこもれる感じが心地いい気分の日もあるんです。」登山好きなご主人は、御在所岳が見える窓越しの風景も気に入っているのだそうです。

 

 

 

洗面室

外国のデザイナーズホテルにあるようなモザイクタイルのお洒落な洗面。ちょっぴりレトロなライトは、奥様の実家で使われていた本物のアンティークです。自分たちの価値観を大切に「好き」を凝縮した邸宅は、ふたりの個性がそのまま反映された世界で一つのオリジナルです。

 

 

 

アトリエ

リビングから行き来できるアトリエは、奥様がミシンで裁縫をしたり絵を描いたりと、大好きなモノづくりに没頭できる場所です。

お気に入りの色・柄を選んだクロスやカーテン、真っ白なフローリング、カラフルなインテリアが融合した「好き」をぎゅっと閉じ込めた宝箱のような空間です。

 

 

 

奥様のこだわりが詰まったアトリエは、玄関ホール側の壁にステンドグラスをはめこんで中の様子が見える造りにしました。

南向きの日当たりのいいアトリエからガラス窓を通して光が届くことで、北面にある玄関ホールも明るく心地いい空間になります。

 

 

 

< 前の物件へ 次の物件へ >

3,000円分アマゾンギフト券プレゼント!

※初めてご来店の方に限ります。 ※他特典との重複利用は出来ません。 ※既に建築済みの方はご遠慮ください。