おかげさまで42周年
  • 資料請求
  • 新着情報
  • 会社概要
  • 採用情報
  • 0120-541-008 営業時間 10:00~19:00 定休日火曜日
  • 来場予約

SPECSPEC

基本仕様

充実の基本仕様と確かな性能

お客様が、生涯にわたり快適に暮らしていただくために、
アサヒグローバルがこだわる注文住宅の基本仕様と性能をご紹介します。

基礎計画

地震に強い家をつくるためには、基礎が大事です。全棟で地盤調査、その結果に基づいた最適な基礎を施工します。

基礎計画

家の荷重ばかりでなく、地震などの強力な外力が加わる基礎だから、アサヒグローバルは、十分な配筋量を確保した鉄筋コンクリート造の基礎を施工します。敷地の地耐力に応じ、最適な基礎をご提案します。

ベタ基礎は、床面全体に格子状に鉄筋を入れ、床面にコンクリートを打つ基礎です。通常の条件であれば、木造住宅の基礎は布基礎で十分ですが、アサヒグローバルでは、ベタ基礎を採用して、家の荷重を支持し地盤に固定させます。

基礎計画基礎計画

上へ戻る

地盤調査・基礎断熱

地震に強い家をつくるためには、基礎が大事です。全棟で地盤調査、その結果に基づいた最適な基礎を施工します。

地盤調査

家を支えるのは地盤です。
目に見えない地耐力を知ることから家づくりをはじめます。
地盤の状態は目に見えません。何の問題がないように見える地盤であっても、軟弱な地盤が原因で不同沈下が発生するケースはめずらしくありません。不同沈下などによって、ひとたび家が傾くと、構造の強度低下や生活上のさまざまな支障が起きてきます。どんなに優れた構造であっても、それを支える地盤の状態が悪ければ発揮することはできません。アサヒグローバルは、家を建てる敷地の状態を知るために、来歴調査を実施し、家を支える力があるかどうか地盤の地耐力を線密に調べ、調査結果、分析結果とともに、建築計画に最適な基礎仕様をお客さまにご提案します。

地震に強い家をつくるためには、地盤の状態に応じて適切な基礎計画をすることが重要。

地盤調査地盤調査

基礎断熱基礎断熱

基礎断熱

基礎の立ち上がりに断熱材を施工し、床下換気口を設けない工法です。
断熱・気密性能が確保しやい工法で、床下空間は室内空間と近くなります。夏は地熱で床から涼しく、冬は基礎と土間のコンクリートが蓄熱層として働き暖かくなります。

基礎断熱基礎断熱

上へ戻る

剛床工法

アサヒグローバルの床は、構造体と協力に一体化した「剛床工法」。24mm厚の構造用合板で1階、2階の床を面構造にします。

剛床工法の強さ

家を支えるのは地盤です。
目に見えない地耐力を知ることから家づくりをはじめます。

地盤の状態は目に見えません。何の問題がないように見える地盤であっても、軟弱な地盤が原因で不同沈下が発生するケースはめずらしくありません。不同沈下などによって、ひとたび家が傾くと、構造の強度低下や生活上のさまざまな支障が起きてきます。どんなに優れた構造であっても、それを支える地盤の状態が悪ければ発揮することはできません。アサヒグローバルは、家を建てる敷地の状態を知るために、来歴調査を実施し、家を支える力があるかどうか地盤の地耐力を線密に調べ、調査結果、分析結果とともに、建築計画に最適な基礎仕様をお客さまにご提案します。

剛床工法の強さ剛床工法の強さ

剛床工法の4つの性能

❶ 優れた耐震性能

❷ 床のたわみを抑えます

歩行時に床のたわみを感じることがほとんどありません。

❸ 床鳴りを抑えます

床のたわみが小さいので床鳴りがほとんど発生しません。

❹ 火災に対する性能が向上

下の階から燃えぬけに対して床が厚い分燃えぬけ時間が長くなります。

床剛性

構造材、接合部だけでなく、床も強くなければ地震に強い家になりません。

地震によって建物に加わる水平方向の荷重(横揺れ)は、床に加わり、その力は柱、壁を伝わり、基礎を通じて地面に抜けていきます。この地震の力を、床の面で分散し、スムーズに伝えるために、アサヒグローバルはより強靭な床剛性を追求しました。

床を支える技術

優れた強度、耐久性の鋼製束。

一般的な木造軸組では、木の束を使用していますが、木の束の場合、経年劣化(乾燥・反り・縮み)が原因で、束石から浮き上がり、 大引きを支える力を減少させたり、床鳴りを引き起こしたりする原因となっていました。また、腐杤菌やシロアリによって腐ってしまう問題がありました。 アサヒグローバルでは、こうした問題を解決し、床のたわみや床鳴りを防ぎ、床剛性を高く維持する「鋼製束」を使用しています。

上へ戻る

構造用集成材

建てた後の性能をずっと維持するために、強く、曲がりにくく、長持ちする、集成材を使って安全な構造をつくります。

均質

木造の大型建造物には「強度性能」が明確な集成材が使用されています。

集成材をアサヒグローバルが使用している理由は、一般のムク材に比べ集成材の「強度性能」にはバラツキがほとんどないからです。バランスの良い、強い構造をつくるためには、構造材一本一本の強度・品質が均質で、明確であることがとても重要になってきます。木造の大型建造物に「集成材」が採用されている理由もこの「強度品質」の明確さにあります。

構造用集成材構造用集成材

強さ

スギと比較して「圧縮強度」で1.4倍、
「曲げ強度」で1.5倍の強度を発揮します。

一般の住宅の構造材として使われるヒノキ、スギのムク材と、アサヒグローバルが使用している同じ太さの集成材の柱部分と梁部分の強度性能を比較した場合、集成材は抜群の強度性能を発揮します。

厳格な生産管理

集成材はそれぞれのステップで厳格にチェックされ、つくられます。

  • 森林資源が豊かな北欧等で育った良品質だけを使います。
  • 丸太の木をひいて、厚20~40mm程度のラミナ(ひとつの層になる板)にします。
  • JAS基準の含水率(15%以下)になるまで十分に乾燥させます。
  • 乾燥したラミナ(板)の強さを1枚1枚測り、大節、腐れなどの欠点を丁寧に取り除きます。
  • こうしてできたそれぞれのラミナ(板)を繊維方向に平行に重ねて積層接着します。
  • 1本1本に品質の信頼マーク「JASマーク」が貼られて完成です。

厳格な生産管理厳格な生産管理

上へ戻る

魔法瓶断熱材 アクアフォーム

自ら生まれた環境にやさしい断熱材で、次世代省エネ住宅に。

アクアフォームは住宅性能表示・省エネルギー対策「温熱環境4等級」の型式認定、および優れた断熱・気密性能により建築環境・省エネルギー機構「次世代省エネ基準適合住宅」の評定を受けています。

魔法瓶断熱材 アクアフォーム魔法瓶断熱材 アクアフォーム

夏涼しく冬あたたかい

複雑な構造の住宅も現場で吹き付けて発泡させるので、隙間なく施工出来ます。また自己接着力によって躯体との間に隙間が生じることがなく、長期間にわたって優れた気密・断熱性を維持します。高い気密・断熱性をもつ住宅は省エネルギー効果が高く、建物の冷暖房に要する光熱費を削減します。

夏涼しく冬あたたかい夏涼しく冬あたたかい

人・環境への配慮

アクアフォームはフロンガスを一切使わず、水を発泡材として使用する断熱材です。また、人への影響も考慮しアレルギーなどの原因とされる有害物質、ホルムアルデヒドも発生させません。地球環境に優しいだけでなく、暮らす人にも、施工する人にも優しい素材です。

人・環境への配慮人・環境への配慮

換気システムの効率化

隙間から抜ける空気は換気ではなく漏気です。アクアフォームは効率的な換気を行うための空気の通り道を確保し、また漏気の原因となる隙間をふさぎます。これによって、優れた空気環境を長期間維持することが出来ます。

換気システムの効率化換気システムの効率化

温環境のバリアフリー

家全体をすっぽり覆うアクアフォームはその高い気密・断熱性により室内の温度差をなくし、冬のヒートショックによるトイレ、浴室、洗面での心筋梗塞や脳梗塞を防止します。段差のないバリアフリー住宅でも、室内の温度差を解決しなければ、高齢者が安心して暮らせる"本当のバリアフリー住宅"とはいえません。

温環境のバリアフリー温環境のバリアフリー

静かな住空間・吸音性能

アクアフォームは吸音性にも優れています。高い気密性により外部の騒音や内側からの生活音の漏れを軽減するとともに、アクアフォームの細かな気泡構造により、音をスポンジ状のフォーム内に包み込んで吸音します。深夜のトラックの走行音や、1階・2階の生活音の漏れを気にすることなく快適に暮らしていただけます。

静かな住空間・吸音性能静かな住空間・吸音性能

構造躯体内の結露防止

グラスウールなどの繊維系断熱材は非常に湿気を通しやすく、また湿気を吸着しやすい断熱材です。隙間の多い家では、冬には家の中の湿気が、夏には外気の湿気や日射により高温になった構造材から放出される湿気が壁の中に侵入し、結露を引き起こします。アクアフォームはその高い気密性と低い吸湿性により、住まいの大敵である躯体内の結露を防止し、構造材の劣化を防ぎ、建物の耐久性を高めます。また、壁の中でアレルギーの原因となるカビやダニが発生するのを防ぎ、長期間にわたって建物を健康な状態に維持します。

静かな住空間・吸音性能静かな住空間・吸音性能

上へ戻る

赤外線を反射!遮熱シート

アルミ蒸着不織布(片面)だから効果的な遮熱が可能!

遮熱性

アルミ蒸着層を設けることで、より効果的な遮熱が可能。屋内の冷暖房効率が向上し、省エネルギーに貢献します。

透湿性

壁体内の湿気を外に逃がして結露を防止。

防水性・防風性

外部からの水や風の侵入を防ぎ、断熱材の性能維持を保ちつつ、住宅の寿命を向上。

静かな住空間・吸音性能静かな住空間・吸音性能

上へ戻る

通気工法

構造内に湿気をためないアサヒグローバルのテクノロジーは、構造材の腐食や劣化を抑え、長寿命な住宅を支えます。

全周床下換気

床下の換気性能を20%~30%向上させるテクノロジー。

伝統的な日本家屋の特徴であった高い床下。地中の湿気が上がってきやすい場所だから、床下を高くして風が抜けやすくした長寿命のための工夫です。現在の住宅は、耐震性を高めるために、堅牢な基礎を施工していますが、鉄筋コンクリートの基礎が壁となって十分な換気ができない問題があります。アサヒグローバルは、土台と基礎の間に「床下換気部材」を入れて、家のどの位置からでも床下に風が取り込める「全周床下換気工法」を採用しています。

全周床下換気全周床下換気

外壁換気

構造の性能をいつもベストな状態に保ち続ける
テクノロジー。

外壁内部は、温度差による結露(壁体内結露)が発生しやすくなります。結露は、腐朽菌やシロアリなど、重要な構造材にダメージを与える原因になることがあり、また健康を害するカビやダニの発生をひきおこすことがあります。これらを解決するのが外壁換気工法です。壁の中の湿気を屋外に排出し、構造性能をいつもベストな状態に保ち続けます。

全外壁換気全外壁換気

棟換気

室内の湿気と熱気を排出するテクノロジー。

屋根の下にある小屋裏と呼ばれる部分は、もっとも太陽熱の影響を受ける部分です。太陽熱の影響で日中は熱気と湿気がこもりやすく、夜間外気圧が低下するとその温度差によって結露が発生しやすくなります。アサヒグローバルは、これらの湿気と熱気、温度差を解決するために、あたためられて上昇する空気の原理を利用した棟換気をもうけて、室内をいつも快適な状態に保つテクノロジーを採用しました。

棟換気棟換気

上へ戻る

高性能外壁

新築時のキレイが長持ちする外壁材です。

「光触媒」を利用した光セラは、
晴れの日も雨の日も汚れをセルフクリーニング

光触媒パワーとは?

光触媒パワーとは「光触媒=酸化チタン」に太陽光(紫外線)があたることで生まれる、有機物を分解する「分解力」と、水に非常になじみやすい「超親水性」のこと。さらに「大気浄化」機能もあわせ持ちます。

超親水性超親水性

分解力分解力

光セラの高い耐候性は、厳しい基準を設定した独自の促進耐候性試験によっても実証済み。光セラは一般的な有機塗装に比べ、塗装の劣化はほとんど見受けられませんでした。

光触媒コート光触媒コート

超促進耐候性試験超促進耐候性試験

「フッ素」塗装で仕上げたAT-WALLは、
耐候性と防汚性機能で耐久性と美しさを実現

防汚(セルフクリーニング)機能で汚れにくく、落ちやすい!

先進のナノテクノロジーによる親水コーティングが、外壁に付着した汚れを雨の力で洗い流します。雨で洗い流した後は、再び空気中の水分子を吸着。塗装表面をいつも水分子膜に守られている状態に保ちます。

色あせしにくい(高耐候性)

紫外線をガードして、色あせ・日焼けを抑えます。

外壁に雨などの水滴が付くと、汚れと外壁表面のすき間に水滴が入る親水機能によって、北面、日陰、夜間を問わず、セルフクリーニング効果を発揮します。

セルフクリーニング機能付外装材の親水性の効果とメカニズムセルフクリーニング機能付外装材の親水性の効果とメカニズム

セルフッ素コートセルフッ素コート

フッ素塗装は超耐候塗料「ルミフロン」を採用

セルフッ素コートは、外壁材がその美しさを長く保つため、AGC旭硝子が開発した超耐候性塗料用フッ素樹脂「ルミフロン」をベースに紫外線(UV)吸収剤や光酸化反応防止剤などを配合した水系の塗料です。
発売から32年、そのクオリティの高さは大きな信頼と20万件以上の実績を築きあげてきました。

ルミフロンルミフロン

フッ素塗装は超耐候塗料「ルミフロン」フッ素塗装は超耐候塗料「ルミフロン」

全ての塗料の中で最も高価で耐久性があるのがフッ素塗料です。
『ルミフロン』はフッ素塗料の中でもさらに耐久性があります。

上へ戻る

高性能屋根

もっとも過酷な状況に耐えるために、屋根に求められる性能を、高いレベルで追求しました。

防水性

台風時の雨量、その3倍の雨量でも大丈夫な防水性能を追求しました。

台風時の雨量は80mm/hr。アサヒグローバルが採用するスレート瓦は、その3倍の240mm/hrの雨量でも屋根裏面への漏水がほとんど見られなかったことを実証しました。

防水性防水性

耐風性

最大風速60m/sにも耐える性能を追及しました。

台風の被害から住まいを守ります。アサヒグローバルが採用するスレート瓦は、最大風速60m/sでも屋根材のバタつきや飛散がないことを実証しました。

耐風性耐風性

上へ戻る

安心・安全システム

健康と加齢に対するきめ細やかな配慮で快適な毎日をサポート。

シックハウス対策

ご家族の健康に配慮するためのホルムアルデヒド対策仕様。

ホルムアルデヒドは頭痛やめまい、アレルギーなど、微量でも人体に悪影響を及ぼすといわれています。アサヒグローバルでは厚生労働省のVOC室内濃度指針対象12物質について、測定値が指針値をクリアした低VOC対応の商品に全面的に切り替えた床材、階段を使用しています。

集成材とホルムアルデヒド

ご家族の健康に配慮するためのホルムアルデヒド対策仕様。

アサヒグローバルで使用されている集成材はすべてJAS規格の規制をクリアした安全・安心な構造材(集成材)を使用しています。

耐風性耐風性

バリアフリー

住まいの各所にきめ細やかな工夫と仕様を施しています。空間移動や加齢を考えたバリアフリーに、ワンランク上の過ごしやすさを実現しています。

つまづかない、ぶつからない。安心のフラットフロアを各室に標準装備しています。部屋や廊下の境界線の段差をなくし、各室ドア・引き戸の出入り口でつまづく、ぶつかる、ころぶ。そんな危険を、家の中からなくすための安全な環境への配慮です。

耐風性耐風性

全熱交換型全館24時間換気システム

汚れた空気は屋外へ、新鮮な空気を住まいに巡らせる「全熱交換型全館24時間換気システム」は快適性と省エネを両立した熱ロスのない全熱交換型第1換気システムです。

快適性と省エネを両立した熱ロスのない全熱交換型第1換気システムです。

  • フィルターの試用期間を表示する専用コントローラー付。
  • 花粉や粉塵等を除去する外気洗浄フィルター付。(質量法:80%)
  • お手入れ・交換が、とても簡単。
  • 24時間使っても、電気代は月々約400円/1台当たり。

全熱交換型全館24時間換気システム全熱交換型全館24時間換気システム

換気システムを使用した空気の流れとは・・・。

  • 吸込み口から新鮮な外気を取り入れる。
  • 外気洗浄フィルターで花粉等の汚れを取り除く。
  • 全熱交換を行って新鮮な空気を室内に供給。
  • 室内の汚れた空気はユニット本体へ吸気。
  • 汚れた室内の空気は全熱交換を行って屋外へ排出。

「住宅性能表示制度」空気環境への取り組み

2000年10月からスタートした「住宅性能表示制度」。新築住宅の性能を9つの項目に分けてランク付け評価をする新しいシステムです。その項目の一つに「空気環境」があり、換気促進とホルムアルデヒドの放出量を抑制するために、どのような取り組みを行っているかが評価されます。アサヒグローバルでは、この全熱交換型全館24時間換気システムを導入することにより、住まいの「空気環境」への取り組みを推進しています。

上へ戻る

商品・品質について