0120-541-008

営業時間 10:00〜18:00 定休日火曜日

家づくりのアイデア

くらしのお役立ち情報

住宅ローンを組むときは、生命保険や医療保険を見直すチャンス?

【住宅ローンを組むときは、生命保険や医療保険を見直すチャンス?】

 

みなさん、こんにちは。アサヒグローバルです。
みなさんは生命保険や医療保険に加入されていますか?
マイホームを建てるときは、こうした保険を見直す機会でもあることをご存知でしょうか?

 

住宅ローンを利用するときには、「団体信用保険(団信)」に加入するのが一般的です。
これは、ローン返済期間中に死亡・高度障害となったしまったときは、ローンの残債をゼロにするという保険。

 

近年、団信には「三大疾病保障付き」のタイプが増えています。
ガンや心筋梗塞、脳卒中など、所定の疾病状態に陥った際にも、ローン残債をゼロにするという特約です。
また、金融機関によっては、3大疾病だけでなく、その他の病気やケガの場合にも、一定の保証をプラスするタイプも登場しています。

 

こうした特約付きの住宅ローンに加入するには、0.2%〜0.3%の上乗せ金利が必要になりますが、ローン返済中に起こるかもしれないリスクに備えるため、加入する人も増えています。

 

 

その際に、考えたいのが、既に加入している生命保険や、医療保険のこと。
新しく加入する三大疾病保障付団信と、既存の保険によってカバーされる内容がダブっていると、保険料のムダにもなりかねません。
保障内容をしっかりと確認し、見直しをすることがオススメです。

 

注意したいのは、三大疾病保障付団信では、入院費や治療費については保障されないということ。ローンの残債がゼロになれば、住居費の負担は大きく減りますが、生活費や医療費を考えるなら、既存保険を解約せずに、減額しておくことも選択肢のひとつになります。

 

また、ローンの支払いが完了すると、団信の契約も終了します。
長期的なライフプランを踏まえて、保険を考えましょう。
ご不明や点があれば、お気軽にご相談ください。

上へ戻る

グローバルタウンでお待ちしています!

スタバカード¥1,000分プレゼント!

※初めてご来店の方に限ります。 ※他特典との重複利用は出来ません。 ※既に建築済みの方はご遠慮ください。