【四日市】 Tel.0120-541-008
【桑名】 Tel.0120-932-144
【鈴鹿】 Tel.0120-002-047
【津】 Tel.0120-080-311
【一宮】 Tel.0120-597-011
【尾張旭】 Tel.0120-02-8670
【春日井】 Tel.0120-96-9466
【岐阜】 Tel.0120-920-769

営業時間 10:00〜18:00  定休日 火曜日

ブログ

2021年4月8日

<要注意>住宅ローン減税を活用するには、契約の日付に注意!

【<要注意>住宅ローン減税を活用するには、契約の日付に注意!】

みなさん、こんにちは。アサヒグローバルです。
今回は、お金の話題です。

 

4月から新しい年度、令和3年度がはじまりました。この令和3年度には「住宅ローン減税」の制度に変更がありましたので、注意点をご紹介いたします。

 

まず、「住宅ローン減税」とは、年末時点の住宅ローン残高の1%分を税額控除の対象とする制度です。たとえば年末にローン残高が3000万円あれば、年間で30万円の税控除(還付)を受けられるという仕組みです。

 

 

控除を受けられる基本的な期間は10年間ですが、消費税率の10%引き上げの際に、10年間から13年間へと特例延長されていました。この特例は当初2020年末までの入居が対象となる予定でしたが、コロナウイルス感染拡大を受け、一定の要件を満たせば2021年末までに入居すれば対象となるよう、期間延長が行われていました。

 

そしてこの4月。
13年間にわたり「住宅ローン減税」が受けられる特例延長の対象となる住宅が、さらに拡大されました。これからマイホームを検討される方にとっては、うれしい変更です。

 

ただし、注意したいのは対象となる条件、特に契約を交わす日付です。
「住宅ローン減税」の期間延長となるのは、注文住宅が2021年9月末まで、分譲住宅(建売住宅)やリフォームが2021年11月末までに契約を交わし、2022年12月末までに入居した場合となっています。

 

注文住宅をご検討中なら、2021年9月末という日付にご注意ください。

 

対象となる住宅の詳細、所得による減税額の違いなど、制度内容についての質問などがありましたら、お気軽にご相談ください。

# くらしのお役立ち情報